にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

今日の写真






スポンサーリンク





今日の写真








スポンサーリンク





名もなき家事

ドンドンドン!!!


トイレのドアを乱暴に叩く音。夫の仕業だ。


「紙!!紙が無い!!」


薄く開いた扉に、そっとペーパーを持つ手を差し入れる。物凄い勢いで、それをひったくられた挙句、もう少しで思い切り手を挟む程に、バタン!!とドアを閉められた。
しばらくし、用を足した夫が、苛立った声を私に向けた。


「最低限、用意しておけよ!シャンプーもハンドソープも無かったぞ!」


一旦、声に出したら止まらず、次から次へと小言が始める。
部屋の掃除がなっていない。洗面台の鏡が曇っている、窓が汚い、出窓に埃が溜まっている、洗面所のタオル交換が出来ていない、栄養ドリンクの買い置きが残り1本しかない等・・
学校の役員仕事で頭が一杯、そもそも家事が不得手で不器用な私。意識が他に行ってしまうと、手元が疎かになる。今回の場合は、家のこと全般だ。




スポンサーリンク





「一日家にいるのに、何やってんだよ。」


吐き捨てるように言うと、自室へ行ってしまった。こんな日は、ツーリングにでも出掛けてくれた方がマシだ。仏頂面で家に居られる程、厄介なことは無い。

主婦の仕事ー、特に、名もなき家事について思う。家事といっても、クオリティは低いかもしれない。一つ一つは、些細な仕事。しかし、何でもないあれこれで、日常は成り立っているのだ。
誰かが評価してくれる訳でもないし、対価を得られる訳でもない。 行ってらっしゃいーと家族を送り出し、おかえりなさいと迎えた時、朝と様子が変わらないこと。変わらないことを維持するには、それ相応の時間も労力も掛かる。家族が快適に過ごす為に、家の中を整える。
それでも、ラグ一つ洗ったことさえ、言わなければ気付かれない。しかし、わざわざ報告するのも気が引ける。何もしなければ、瞬く間に家庭は荒れるというのに。
やらなければ指摘され、やれば当たり前のことだとスルーされる。
労いの言葉一つで頑張れるものだが、それが無くても、主婦は日常生活に名もなき家事を組み込まなければならない。遣り甲斐が無いけれど、やらなくてはならないージレンマを抱えながら、今日もシーツを整えるのだ。




スポンサーリンク





健康貯金

最近のストレスで、チョコレートに依存しつつある。
朝起きて、鏡の中の自分にギョッとした。肌はボロボロ、たるみが酷い。
それに、体も重い。体重計に乗ると、+2キロも増えていた。

このままではマズイー

ふと、素敵ママの後ろ姿を思い出す。颯爽と軽やかに歩く、姿勢の良い背中。
無駄な贅肉などどこにもついていない、細くて長い手足ー引っ込んだ腹。
それに比べて、私の体。一見すれば、痩せていて貧相だが、実は脱いだらダルダルなのだ。




スポンサーリンク





プールへ行こう。そう思い立つ。
しかし、雨予報を告げるニュースを観て、その気持ちはすぐ萎える。
バラエティ番組で、知性の無さそうな若手のギャルが、美しい腹筋を見せていたことを思い出す。
テレビに出る者は、やはりそれなりの覚悟や根性があるのだろう。
クイズ番組などで、おバカキャラを演じつつも、毎日腹筋を50回程日課にしていると言っていた。
結局、努力をしているのだ。怠けていては、華やかな世界からすぐに干されてしまう現実を、彼女らは知っている。

何の取柄も無い、ただの主婦。それが私だけれど、それに甘んじていれば、見た目がどうのこうのの前に、寝たきり生活になってしまう。
健やかな老後を送る為には、金は勿論だが、丈夫な体も必要なのだ。
健康貯金、今からでもまだ間に合うと、信じたい。





スポンサーリンク





プライド

一匹ママに、赤を入れられた部分を、自分なりに修正するがうまくいかない。
表ひとつ作るのに、時間が掛かり過ぎる。すっかり、お手上げ。
役員会で、委員長に泣きついたら、資料を目にした彼女の表情が、一瞬変わった気がした。


「分かりました、私から彼女にラインします。OOさんは、もういいですよ。ありがとうございました。」


まるで、用済みーとでも言わんばかり。しかし、彼女の怒りは私に向けてではなく、一匹ママに向けられた。


「ご丁寧に、□□資料の訂正ありがとうございます。なかなかお会い出来ないものですから、そちらの意図が分かりかねます。一度、役員会にお越しいただけますか?」


一匹ママに向けてのライン。個別ではない、皆の前で宣戦布告だ。
一気に、既読、既読ー既読数が増える。しかし、その中に一匹ママの既読があるのかは分からない。仕事中で、それどころではないのだろう。
そしてその日の夜、添付ファイルが送られて来た。宛先は委員長で、私は㏄で。ファイルを開けると、完璧な資料。これをどれだけの時間で作成したのだろう?
少しして、グループラインにメッセージが上がった。


ー平日の役員会は出席出来ません。私の方で訂正版を作りましたので、どうぞお使い下さい。




スポンサーリンク





この勝負、明らかに一匹ママに軍配が上がった。それ程に、完璧な資料だった。画面越しに苛つく委員長の表情が、想像出来る。既読数も、一気に増える。皆、どのような思いで見守っているのだろう?
恐らく、面白がって傍観している者もいるだろう。
一応、私もこの件に一枚嚙んでいるので、ただ指をくわえて見ている訳にもいかないと思い、一言、メッセージを入れてみた。


ーご迷惑お掛けしました、お二人に感謝です!


私が悪者になれば、この場は丸く収まるーそう思ったのだ。既読数は再び増えていったが、メッセージはそこで打ち切りだった。沈黙は続いたまま、重苦しい夜を過ごすことになった。
委員長も、主婦連中の中では仕事も出来、一目置かれる存在だ。しかし、社会に出てそれが通用するとは限らない。井の中の蛙なのよと、一匹ママにガツンとやられているように見えた。
男性社員と対等に現役バリバリで稼いでいる一匹ママからしたら、このようなゴタゴタは、低レベルで面倒なことに他ならないのだろう。
対し、一生懸命子供の為に学校の為にと、プライベートを削っている委員長の立場からしたら、腹立たしいの一言だろう。出来ない私を通してでも、彼女も絡んで作成した資料だったのだ。
それを、丸ごと訂正されたのだから、プライドだってズタズタにされたはず。
今度二人が顔を合わせる時、私はどんな顔をしていたら良いのか、悩みがまたひとつ増えてしまった。




スポンサーリンク





団欒旅行

学校仕事でてんてこ舞いのところに、一番上の義姉から電話があった。
今年もスキーの予約を取るので、こちらのスケジュールを教えて欲しいというものだった。
いつも思うのだが、こちらの意見など聞く耳も持たず、自分が良いと思ったことは相手もイコールだと信じて疑わないその精神に感服させられる。
私のように、常に人の顔色を窺うことなど、義姉の辞書にはないのだろう。心底、羨ましい性格だ。




スポンサーリンク





スキーなど、正直行きたくない。前回の旅行でほとほと嫌になったのだ。あんな醜態を再び晒すのも、また笑われるのも、耐えられない。
しかし、私の真意などお構いなしに、義姉は言いたいことをまくし立てる。義母も、こういう件はいつでも長女任せ。
長女は、自分の娘が手を離れたことで、一家団欒が激減したのだろう。親戚一同で旅行を計画することで、その寂しさを紛らわしているのか?
お陰で、私が切望している、家族水入らずのレジャーは殆ど無くなった。夫も子も、義家族との旅行で満たされるからだ。
私だけが、神経をすり減らし、気を遣い続ける旅行。楽しそうな彼らを横目に。
一人、留守番でも出来たのならどんなに良いか。行けない言い訳を考えるが、なかなかそれらしい理由が見付からない。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR