にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

同じ制服だっただけ

旧友とのランチは、不完全燃焼。
私は何時間でも大丈夫だったのだけれど、彼女の方は仕事の合間だったことで、限られた時間内での会食だった。
店は、彼女指定。キャリア女子と専業主婦とでは、金銭感覚も違う。一応、多めに用意していたのが正解だった。
都内の一角にある、お洒落なバルの店。ランチメニューも豊富。てっきり昼からワインでもと思って楽しみにしていたけれど、


ーあぁ、仕事か。


と、思い直した。
水で乾杯。飲んでもいいよと言われたけれど、


「子どもの習い事送迎もあるし。」


あたかも運転するかのように、見栄を張った。送迎というのは本当。共に、ピアノ講師宅まで自転車でついて行っている。自転車だって、立派な二輪だ。
最初、旧友に気付かなかった。見たことのない髪型だったからだ。ベリーショートといっていいのだろうか、元々目鼻立ちがはっきりしている彼女に良く似合っていた。
大振りの揺れるゴールドのピアスがキラキラ耳元で揺れていた。
食事が来るまでの間、近況報告をーと思っていたが、先手を打たれた。
即、目の前に出されたパンフ。布教活動の始まりだ。


「ごめんね!取り敢えずこれ。お子さん、まだ小学生だったっけ?でも高校になるまであっという間だよね。これ見て。高校の授業料無償化と大学では返済無しの奨学金の構築を公約に挙げているの。」


パンフに目をやると、だが条件付きだ。世帯収入さえ知らされていない私には、我が家がこれに該当するのかどうかさえ分からない。恐らく、夫の金遣いからいったら、該当しないだろうと思う。
上の空で、彼女の声だけが右から左に流されていく。
そして、他党の政策を非難し始める。彼女の声はどんどん大きくなってきて、隣のテーブルの女性が眉を潜める。なんだか恥ずかしくなる。


「分かった、読んでおくね。」


そう言って、パンフを受け取り、バッグに仕舞う。私は、こんな話をしにここに来た訳じゃない。




スポンサーリンク





「娘も、最近反抗期で。会話も弾まないしねー」


「あ、ごめん!」


彼女のスマホが鳴り響き、私の会話は宙に途切れた。電話の最中に食事が運ばれ、先に食べててというジェスチャーを残して彼女は外に出てしまった。
運ばれて来たサラダやパエリア、ステーキなどを皿に取り分ける。ぞんざいな扱いに腹が立ち、彼女を待たずしてサラダや肉を口に放り込む。美味しいはずの料理の味は、なんだか半減された気分。
旧友が席を立ったのは20分程度だったが、物凄く長く感じた。まるで一人で店に食事をしに来たようだ。いや、最初から一人で来た方が純粋に食事を楽しめたに違いない。
彼女が席に戻ってからは、なんだか話す気力も失せてしまった。彼女の方から聞かれて答える当たりさわりのない近況と、彼女自身の仕事の動向。正直、まるで興味の持てない内容だった。 それは、お互い様だろう。

私達は、長らく違う時間を生きている。遠い昔、同じ制服を着て同じ学校に通っていたという共通点。ただそれだけなのだ。
たまに会ったところで、気持ちが交差することはないのかもしれない。
都合のいい自分を作って、都合のいい理想を言い合うだけのー、それが、私達の関係性なのかもしれない。




スポンサーリンク





ドタキャンキャンセル

票集めの道具にすぎないーそう思いつつ、旧友とランチの約束を取り付けた。
当日の朝は、子と夫を送り出すと、バタバタと家事を済ませる。服やアクセサリーを選び、髪をセット。
いつもの10倍以上の速度でこなし、さあ出ようと思った時に、携帯メール。


ーごめん!ちょっと仕事が入ってしまって。また今度でも大丈夫?


目にした瞬間、へなへなと床に座り込んでしまった。いつも以上に念入りにメイクをした。服も、旧友からしたら野暮ったいだろうけれど、私の中ではいっとうのお気に入りだ。
ドタキャンにこうもショックを受けるとは、私の中で、余程楽しみな予定だったのだと改めて知る。

朝食も、昼にがっつり食べるのだからと抜きにしたのだ。こんな時に限って、余分に余ってもいない。急にぽっかり空いた時間、腹はすく。
冷凍庫に、いつのものだか分からない、冷凍の焼きおにぎりが一つだけ残っていた。それを温めがっついたら、口の中を火傷しかけた。


「あっつ!」




スポンサーリンク





ゴロゴロしていたら、30分程そのまま眠ってしまったらしい。電話の音で目が覚めた。


「ごめんごめん!仕事が思ったより早く終わって。ランチ出来そうなんだけどどう?」


快活な声。しょんぼりとしていた気持ちが再び盛り上がる。


「うんうん!大丈夫!じゃあ私も今から向かうね!」


二つ返事で外に出た。ウキウキしている私。若干、振り回されている感じもあるけれど、それでも楽しみの方が上回っていたのだ。




スポンサーリンク





孤独が生む凶悪

「子宮に沈める」を観た。

救いの無い映画。

隣から、子どもの泣き声が聞こえる。母親のヒステリックな怒鳴り声。普段、外で会う時には見せない顔。
誰にだって、表があれば裏はある。それでも、虐待の線引きは専門家であっても難しいのだ。

映画は、淡々とBGMもなく、子ども目線で撮られている。
じわじわと、絶望が子ども達に忍び寄る。母親目線で描かれていないので、アパートの一室以外の世界は、観る者の想像力で成り立っている。
おぞましい事件だが、今もどこかで起きているのかもしれない出来事。

孤独は、人を鬼にする。
自分が腹を痛めて産んだ子どもですら、物に見えてしまう瞬間がある。

人が、孤独に陥らない為にどうすればいいのか。自発的に動けない人をどう救えばいいのか。
助けを求める方法すら分からない、非力な孤独を見付け出すにはどうしたらいいのか。答えは見付からない。




スポンサーリンク





優等生妻のカラクリ

図書館で借りた節約雑誌をパラパラと眺めている時間は幸せだ。
赤の他人の家計簿を目にすることは、何となく人の家の中をこっそり覗いているような、何だかいけないことをしている気分が高揚感を生む。
だが、本気で彼らの家計簿のやり繰りを参考になどしていない。

家族4人で月に食費2万!!のカラクリは、大体が親のバックアップがあってのものなのだ。
米や野菜などを送ってくれるーだとか、旦那が夕飯は外で食べてくるだとか、近くに住む実家に、週3は夕飯を食べに行くーだとか。

自力で2万でやっていくとしたら、それこそおかず1品だ。3品あったとしても、実際それを並べてみたら、ワンプレートで納まるくらいの少量に違いない。
食べ盛りの子どもがいたり、また疲れて帰宅する主人がいれば、そんな草食動物が食べるような代物を食卓に出せるわけがない。
更に、子どもがいるのならば、食育だ。季節の野菜や果物なども食べさせたい。だが、予算が2万ならば、頑張って安いバナナくらい。
だから、親に頼るのだ。見えないカラクリは、十分な年金を受給している最後の世代ー、親達の存在なのだ。




スポンサーリンク





雑誌の中にあるコラムで、ドン引きだったのが、ランドセルや学習机は帰省のタイミングで祖父母にねだろう!というもの。
夏は、来春に入学を控える子どもがいる家庭では、ランドセルなどを購入する時期。なので、帰省時に双方の親にリサーチをするのがおすすめだという。
どちらの親がランドセルで学習机なのかー。
ハナから親を頼っていることが透けて見えるそのコラムに、何故だか苛ついた。

カラクリ無しで、頑張っている。そんな節約主婦の家計簿が見たい。




スポンサーリンク





服が無い

旧友とのランチに着て行く服を、クローゼットからあれこれ選び迷っていた。
学校関連や買い物の時は、無難な無地のカットソーにパンツルックが最近の定番。
ボーダーシャツは、以前は頻繁に着ていたが、誰かと被る率が高いこともあり手に取らなくなっていた。
一度、子ども会での打ち合わせでHさんとボーダーのカーキ色もジーパンも被った時、会長が私達のことを「双子みたい~ボーダー族だ!」と笑ったのだ。
その際、あからさまにHさんが嫌そうな顔をしたのを目にした時から、あんな気まずい思いをするのは二度と御免だと思った。
軽く冗談を言い合える仲間と服が被れば、かえって笑いに変換出来たり盛り上がったりするのだろう。
だが、微妙な相手と服のデザインが被れば、見て見ない振りをするだとか、私のように誰かがその気まずさを察知して、敢えて気を遣って茶々を入れたりするのだ。
どちらにしても、ただただ気まずい。

ボーダーアイテムは、こうして私のクローゼットでしばらく眠る羽目になった。
その代わりに、無地のカットソーの出番だ。カラーも、ネイビーやベージュ、それにカーキ。冒険をしたとしても、薄いブルー。
決して、赤だとかピンク、黄色なんて無理。
鏡の中の私は、年齢よりも+5歳は年上に見えた。何の変哲も無い服は、体型や髪型、それに雰囲気で一気にもさくなる。
素敵ママや孤高の人のように、姿勢もピシっとしており、スタイルも良く、そして垢抜けたメイクやヘアスタイルをしていれば、同じ服でも一気に映えるのだ。




スポンサーリンク





ほぼ毎日制服のように着用している普段着は、見るからに所帯染みており、しかも何度も洗濯を繰り返していることもあって、くたびれていた。襟ぐりがダランと伸びており、色あせている。
流行りのアースカラーには、程遠い。

以前、気に入って度々着ていたリネンの生成りのブラウスは、しばらくクローゼットから出していなかったこともあり、虫が食って穴が空いていた。
結局、一昨年に同窓会の為に購入した服を選ぶことにした。コーデもあのまま。
1,2年経てば、あの時は垢抜けていたデザインがどこか野暮ったく思える。しかし、贅沢を言っている場合ではない。
最近、将来のことを思うと、むやみやたらに自分の満足の為だけに金を遣う気分になれないのだ。

しかし、本当に自分に似合う服や色が分からなくなった。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR