にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

パラサイト

スポンサーリンク








再び義実家へ訪れたのは、夏休みも終了間際。
長女は、ハワイ土産を配りつつも、免税店で購入したバッグやジュエリーなどを自慢した後、妹達にねだられていたらしい土産を渡す。


「これこれ!欲しかったやつ!!」


三女が、欲しがっていたらしいバッグを手に手放しで喜んだ後、ため息をついて言う。


「お姉ちゃんみたいに条件いい旦那、見つかりそうもないよー。」


長らくお付き合いしていた彼とはいつの間に別れていたらしく、絶賛恋人募集中らしい。


「こないだの、婚活パーティーは最悪だった。女の子は皆綺麗揃いなんだけどさ。マジ、男が最悪。」


「えー、今回のテーマは?」


「えっとね、週末釣りを楽しむ会。なんか、マニアックな話ばっかでよく分からないし、そもそも私、魚とか素手で触れないし、駄目だったわ。」


ここのところ、週末には婚活パーティーに通い詰めているらしい彼女。1回参加につきいくらか支払い、目についたテーマの会に顔を出しているらしい。


「あんた、もうちょっと的絞りなさいよ。」


「だって、元彼、仕事仕事だったし。それが原因で別れたから、今度は趣味とか自分の時間を持っている人がいいなって。」


「もう若くないんだから。割り切った方がいいよ。」


姉達がしきりにアドバイスをする中、ワインボトルは1本あっという間に空いた。私は、薄笑いを浮かべて彼女らの話に耳を傾ける。居心地が悪い。いつものことだけれど、針の進まない時計ばかりを眺めてしまう。


スポンサーリンク




三女も、今年42になった。仕事は順調らしいが、理想ばかり追い求めているうちに年ばかり取ってしまったのだ。
会話の殆どは、三女の婚活についてー。子供達は子供達用のテーブルで和気あいあいとご馳走を食べている。夫を含む男連中は、ビール缶片手に庭先で焼いた肉を突っついていた。


「OOちゃんは、別に無理して結婚することないわよ。この家にずっといていいんだからね。」


義母が、三女をフォローする。しかし、私はそれを聞いて悶々とする。この家の長男は、夫だ。この家にこのまま三女が居座ることになれば、一体私達の行く末はどうなるのか?賃貸暮らしも10年以上経ち、しかし夫は家を購入する気配も見せない。 いずれー、義両親と同居するのだろうと、ぼんやりだが覚悟を決めている私にとって、三女がどこかに嫁ぐ嫁がないは大問題だ。彼女と私は真逆ー水と油。そんな小姑と顔を突き合わせ、晩年過ごすことなど想像だに出来ない。


「え、この家、私が貰っていいの?」


三女がストレートに義母に尋ねた。ちらっと私に視線を向けながら。微妙な空気が、三女と私以外気付かないところで流れた。
義母は、曖昧な笑みを浮かべながら、多少は私に気遣ってか話題を変えた。


「あ、お酒が無くなってるわよ。次はどうする?」


長女に聞く。長女がハワイ土産に買って来たワインを出すことになったようだ。
全く酔えない私は、先のことを思うと、ますます醒めて行くのだった。


スポンサーリンク




自堕落母娘

スポンサーリンク








残りわずかの夏休み。
昨日は自堕落に過ごして一日が過ぎた。

朝、夫が出勤し、しばらくして子が起床したのは9時。それから二人して、ソファーでだらだらしながらワイドショーを見てたらすぐ11時。
勿論、私はその間に洗濯や掃除はするけれど、一人の時よりだいぶスローペースだ。洗濯も、すべて干し終わるのが昼過ぎる。

子には、Z会のタブレット学習をさせたりもする。その間、テレビは消して、私はネット三昧だ。
そんなこんなで、あっという間に15時過ぎる。買い物くらい出ようと思うが、色々と面倒になり、家にあるもので夕飯を済ませようとレシピをネット検索しつつまた無駄に時間を過ごす。 有意義に時間を使いたい、そう頭で思ってはいても、金も無ければ友達もいない。どちらもあれば、いそいそとお出掛けをし、SNSに頻繁に私生活をアップするようなリア充ママになれるのかもしれないけれど。

せめてーと思い、夕飯の下拵えを子と共にする。残り少ない命を知らず健気に鳴く蝉の声が、キッチンの小窓から聞こえる。
今夜は、夏野菜をたっぷり使った鳥の南蛮漬けがメインのおかずだ。


スポンサーリンク




充実した日

スポンサーリンク








夏休み、8月の殆どは雨。
世間では、この天候を恨めしく思っている人々が多いだろうが、私は内心小躍りしていた。
予定していた家族ぐるみのキャンプが流れたからだ。
喜々として買い揃えたアウトドア用品は、部屋の隅にひっそり置かれている。それを目にすると何とも言えない気分になるが、また来年日の目を見ると思えばどうってことはない。 そして、その代わりとして、家族水入らずの日帰りレジャーが実現することとなったのだ。

子が以前から行きたがっていた、藤子不二雄ミュージアムだ。
事前予約を取ろうとしたら、どこも一杯。根気強くキャンセル待ちを待っていたら、なんとか遅い時間の枠が空き、券を購入することが出来た。
私自身も、興味があったので嬉しかった。何より、夫が「家族優先」の時間を設けてくれたことが嬉しかった。正直、アウトレットに行くくらいでこの夏は終わるのかと思っていたから。

ミュージアムは、予約客しか入れないこともあり、快適だった。古い原画を見ることも出来たし、いつかに読んだかアニメで観た記憶のあるストーリーに触れることも出来た。
珍しく、夫もはしゃいでいた。こういうものに興味は薄い人だと思っていたのに・・夫婦になって長らく経つけれど、いまだ夫が分からない。

子と夫を並べて、何枚も写真を撮った。本当なら、家族3人で撮りたかったけれど、見知らぬ誰かにカメラを頼む勇気が出なかった。
それでも、どこでもドアやたくさんのキャラクターを楽しそうに見たり触ったりしている子を見て、久々の無邪気な笑顔に私も嬉しくなった。

夕飯も、ファミレスかどこかに落ち着くのかと思ったら、夫が株か何かに儲けたからと、ポケットマネーで焼肉をご馳走してくれた。
チェーン店のだが、外で食べる焼肉はやはり美味しく、そして幸せだった。

夏休み。長期旅行や帰省している人々と比べると、我が家は地味な毎日だったけれど、一日でも家族水入らずで楽しく過ごせたことで、充実したものとなった。


スポンサーリンク




今日の写真

スポンサーリンク



今日の写真




スポンサーリンク



憧れの向こう側

スポンサーリンク








何となく、以前よく読んでいたブログを検索した。彼女のブログは2年程前に更新がストップされ、それからも、何か月かに一度、もしかしたらーと検索はしていたのだけれど、恐らくインスタに移行したのだろうと読むのを諦めていた。 が、今日、何気なく検索したら、更新されていたのだ。
何か月かに一度のうちの一回。3か月ぶりくらいの検索。そして、更新されたのが1時間前。偶然といえば偶然だが、どこか必然のような気もしてくる。

彼女の私生活は、私とはまるきり違いキラキラしている。
まず、私より一回り以上若くて美しい。華やかで繊細。そして、彼氏ーだったはずの男性は彼女の夫となり、心から愛されていることが今回分かり、嬉しいような少し残念なような、不思議な感情を抱く。
誰しも簡単になることが出来ない仕事を持ち、志を持ってそれに取り組んでいる。彼女の現在は、私の憧れていた過去。そして未来は、私のなりたかったであろう今。

久しぶりの、彼女の長文。
癖のある、しかし爽やかで軽やかー、私が男なら彼女に恋をしていたかもしれない、そんなリズムのそれにまた再会出来たことが嬉しく、だが不安だ。
また、プツリと途絶えてしまうかもしれない。そもそも、今回は気まぐれ更新で、また数年先まで会えないかも。

ブログからは、現在の彼女の私生活は殆ど見えず、しかし、「感性」はあの頃のまま。環境はいくらか変わったかもしれないけれど、そんなことは重要ではない。
例えるのなら、マーガレットのような彼女のこれからを、時々でいい、追い掛けていたいのだ。


スポンサーリンク




copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR