にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

生意気盛り

スポンサーリンク








もう、指折り数えれば夏休み。
ぼちぼちと、絵具や習字セットなど、使わない教材を持ち帰る子。この暑い中、重い荷物を持って下校するのは大変だ。


「皆、ママ達が車でお迎えに来てるよ。」


そう言われたので、車は無理だけれどせめてもの親心と、自転車でお迎えに行った。炎天下の中、学校へ自転車を走らせる。
下校時間を狙ったからか、門の前は勿論、その手前も道路脇は路駐自動車で一杯。勿論、運転席には母親達だ。そこへ、児童達が乗り込む。
私は汗だくになりながらも、門の近くで自転車にまたがったまま子を待っていた。
しばらく経ち、何人もの児童とすれ違った頃に子の姿が見えた。一人ーかと思えば、珍しく見知らぬ女子と歩いている。
しかし、すぐさま互いに手を振り、その女の子は路駐している車に乗り込んだ。エアコンの効いた車中はどんなにか快適なことだろう。


「おかえり!」


子は、真っ赤な顔をして、重い荷物を持っている。すぐに、それを自転車の荷台に乗せてあげた。


「疲れた・・今日、体育もあって足が痛い。」


仕方が無いので、ランドセルも前かごに乗せた。子の両手は自由になった。それなのに、なんだか仏頂面。


「どうしたの?」


「皆、車で迎えに来てもらってていいな。なんで、ママは運転出来ないの?」




スポンサーリンク





「・・・」


この暑い中、子が楽になるだろうと迎えに来てあげたというのに、なんと反抗的なことだ。さすがに暑さも手伝ってか、私もカッとなってしまった。


「全員が全員、車で迎えに来てもらってるわけじゃないでしょう!?ほら、あの子なんて低学年なのに一人で帰ってるよ!誰もお迎えなんか来てないじゃない。」


子は、私が指す方にチラッと視線を移すが、しかしその視線はすぐに次々と路駐している車に乗り込む児童達の方へ注がれる。
無い物ねだりだ。


「私は、絶対に免許取る。18歳になったらすぐに取ろう。」


なんだか嫌な気分だ。遠回しに我が子に馬鹿にされた、そんな風に思えて苛々した。


「自分でお金を貯めて取りなさいよ。」


私も仕返しにそう言い返すと、子は黙りこくった。


この件だけではない、最近、些細なことで子と言い争うーというか、嫌な気分になることが増えた。
もうすぐ夏休み。朝昼晩の食事の支度も頭を悩ますが、それと同じくらい、子と2人きりの生活にどこか自信を持てない私がいる。




スポンサーリンク



女VS女

スポンサーリンク








最近の我が子には手を焼く。
そろそろ反抗期の芽が出て来たのか?これまでは、ただただ可愛かった子なのに、最近は苛々することが増えた。
過保護に育て過ぎたせいなのか?叩かない育児、頭ごなしに叱らない育児を意識し過ぎて来たあまり、なかなか扱い辛い子になってしまったような気がする。
少し注意すれば、すねる。挨拶がいまだに出来ない。(正確に言えば、挨拶をしていることはしているのだが、声が小さ過ぎて聞き取れない。)
お手伝いの習慣がなかなかつかない。
口答えが多い。あぁ言えばこう言う的なことが多い。

これは、この年齢の女子特有の扱い辛さなのか、それとも子の性質によるものなのか?いや、そもそも親子の相性が悪いのか?
もし、兄弟がいれば、上の子とは気が合うけれど下の子とは気が合わないーとやはり相性に原因のフォーカスが充てられる。
比べるものがなければ、答えは分からず。

親子喧嘩なんて、まだまだ先のことだと思っていた。親は子を叱るもので、怒りの感情をぶつけるものではないと・・
それでも、段々と生意気になって来て、なのに自分のことは何も出来ないそのアンバランスさが可愛いのは3歳まで。10歳ともなると、立派なギャングエイジ。
私がなりたくなかった、「女VS女」の関係になってしまうのか?
頭が痛い。




スポンサーリンク



連続ハードル

スポンサーリンク



問題は、山積み。
次から次へと。
これは、何かの修行なのか?いや、人生ってのはそもそも修行の連続で。

誰だって、楽して楽しく生きていたい。好んで試練なんて乗り越えたくはない。
働きアリよりも、気楽に歌い続けるキリギリスでいたい。それが本音で、そう思うことは悪じゃない。

それでも、ハードルを飛び越える。飛び続けるのが人間。飛んだ先に達成感だとか、乗り越えた感だとかを得たっていう綺麗ごとじゃなく。
泣きながら、擦り傷を作りながら。それはただ生きる為に。
生きて行く為に、飛び続けるしかない。
その先に、何も無くても。
状況は変わらなくても。
悩み、もがき続けることが、回りまわって自分を楽にさせてあげる術なんだ。
それに気付くのが、何十年先であっても。
そうせずにはいられないんだ、それが、人間なんだ。




スポンサーリンク



女の子から女性へ

スポンサーリンク





「なんか、ここがムズムズする。」


最近、子がしきりに胸を触り始めた。最初は、何か虫にでも刺されたのだろうと思い子の訴えを流し聞いていたが、あまりにも頻繁なので注意して見てみると、なんとなく乳首の先が尖ってるように見えた。
子は、身長体重ともに4年生女子平均値のど真ん中。それでも、早い子はもう初潮を迎えていてもおかしくない時期に来たのだとネットで知った。まだ下の毛は生えていなかったが、それでも近いうちにそれも訪れるのだろうと思うと、なんとも切ないような微妙な気持ちになった。
10歳という年齢。成人までの半分に来てしまった。
思えば、一緒に風呂に入った時に、なんとなく体が丸みを帯びて来たと感じていたのだ。
そろそろ、生理用ナプキンの使い方と、もしも学校など外でそれが起きた時にどう対応したら良いのかをレクチャーしなくてはならない。一緒にスポーツブラと生理用ショーツを買いに行かないと。
複雑だが、女親として娘にきちんと教えなければならないし、それは誰にでもやって来ることで決して怖いことでも恥ずかしいことでもないと伝えなければと思う。




スポンサーリンク



終わらないハードル

スポンサーリンク





憂鬱な予定を控えていると、折角の休日も台無しだ。
素敵ママからの連絡で、子ども会のお手伝いの要請。正直、OKの返事をしたもののうまくその場に馴染めるか不安しかない。 気晴らしに、子と一緒に今日はショッピングに出掛けることにした。お茶くらい出来たらいい。 次から次へとハードルが続く。毎回それを飛び越えたり、躓き転んだりしながらも先に進まなくてはならない。
生きるということは、そういうことだ。分かってはいるが、楽しみながらそれを易々と飛び越え先を行く人々の背中を見ては、ため息が止まらない。





スポンサーリンク



copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR