にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

蕁麻疹

「何!?それ!」


子が体中を掻きむしりながら、痒い痒いと訴えるので、シャツを捲ってみると、蕁麻疹。
腹も背中にもあちこちに。
下校してすぐだったことで、学校の給食で何かアレルギーのものが出たのか?献立表を見るが思い当たるものはない。
そもそも、子は食物アレルギーなどなく、あるといえば花粉症くらいなのだ。

すぐに皮膚科へ。近所にある皮膚科は口コミで評判もいい。待合室は満室状態。座る場所もなく、立って待つ人も数人いた。
この地へ越して、数回程度しか利用していない皮膚科。久しぶりだったので内装も明るい雰囲気に変わっていた。


「取り敢えず、これで冷やしてお待ち下さい。」


受付の女性に、ガーゼでくるんだ保冷剤を渡された。子に当てると、痒みが少しずつおさまってきたようだ。
丁寧な診察ーという噂通り、一人当たりの診察時間が長い。結局、子が呼ばれたのは1時間後。


「あぁ、消えちゃいましたね。」


医師に診せる頃には、あれ程酷かった蕁麻疹はすっかり消えていた。


「出たり消えたりを繰り返すんですよ。もしかしたらまた出るかもしれないので・・抗アレルギー薬と塗り薬処方しますね。一応、アレルギー検査もしましょう。」




スポンサーリンク





卵や小麦、そばや甲殻類、ハウスダストなど様々な項目の中から検査したいものを10個程選び、検査するのだ。
だが、一体どの項目を検査したら良いのか?


「あの・・どの項目にチェックをしたら良いのか分からないのですが。」


「そうですね、これかなーと思うものを選んで下さい。」


それが分からないのだが、これ以上同じ質問をしたら煙たがられそうだったので、給食の献立で使われていた食材を適当に選んだ。
検査代も掛かるので、意味があるのかないのか分からないこの検査にモヤモヤしつつ、だが言われた通りにするしかなかった。


「ストレスもあると思いますよ。」


それに関しては、思い当たる節があった。放課後、まったく友達と遊ばなくなりあんなにはまっていたイラストもぱったり描かなくなった子。
家に帰れば、ただひたすらぼーっと動画を観ているか漫画を読んでいる。交換日記のように、友達とやり取りしていた交換漫画もいつの間に子の本棚から消えていた。
病院から帰宅すると、また痒がる。さっきまで消えていた蕁麻疹が再び現れている。
すぐに処方された薬を飲ませ、冷やしてから塗り薬を塗った。チックに引き続き、蕁麻疹・・
内心、不安で不安でしょうがないが、何でもない風を装う。


「大丈夫、すぐ治るから。疲れもあると思うから、今日は早く寝よう。」


親の不安感は、子に伝染する。柄にもないが、どんと構えることを意識しよう。




スポンサーリンク





男の子を授かっていたのなら・・・

昨日は、成人式。
我が子の成人式は、あと8年後ー
8年前は、4歳。まだ幼稚園生だった頃だが、振り返るとついこの間という感じ。
年々、時が経つのを早く感じる。

女の子は、節目節目で衣装選びが大変だ。成人式の晴れ着もそうだが、七五三から始まって、入学式や卒業式ー毎度のことながら衣装を揃えなければならない。
細かいところで言えば、習い事のピアノのドレスだってそうだ。
それを愉しみと思えば、幸せなことだ。男の子では味わえないこと。




スポンサーリンク





女の子しか授かれなかった自分を肯定してみる一方で、もし我が子が男の子だったなら今頃どうなっていただろうと妄想する。
野球やサッカーなどのスポーツをやらせていただろうか?それに付随するママ友関係は鬱になりそうだ。
だからといって、スポーツの出来ない男の子は、生き辛い青春時代を送ることになりそうだ。
今も昔もいつだって、スポーツの出来る男子は、学校生活を謳歌する。女子も同様だが、男子と違うところは、スポーツが出来なくてもお洒落だったり容姿が良ければ、挽回出来る。だが、男女共に青春時代を払拭する程挽回出来るアイテムは、やはり「頭脳」だ。なので、やはり勉強は大事なのだと思う。

自分の容姿も嫌いだが、我が子については、可愛く思える時が多々ある。世間一般にみたら、ごく普通だし、正直、気になる部分はあちこちにある。
それでもそれをキュートな個性と受け入れられるのは、愛情という名の欲目なのだ。

子が成人を迎える時、私はどうなっているのだろうか?夫との関係は?考えだすとキリがないのでいつも蓋を閉じてしまう。




スポンサーリンク





令和元年*大晦日

今年も終わる。
平成から、令和。そして、我が子も小学校から中学校へと上がる節目の年。
家族皆が健康で、何事も起こらずいられたことに感謝しなくては。

足りないものを、つい数えてしまいがち。
隣の芝が輝いて見える。そう見えることは、「悪」だという風潮。
だがしかし、それは現状を満足させる為の言い訳にも思える。

向上心ー、自分が満足するような生活は、他力本願ではなく、自分自身の力を付けて。

2020年。気持ち新たに迎えたい。


***


今年も、私事のつぶやきにお付き合いいただき、ありがとうございました。
毎度ネガティブなことばかりですが、皆さまの生活が「あんたよりマシ」と思えたり、少しの共感、また、悩みや心の澱が少しでも晴れることがあれば嬉しく思います。

皆さまも、揃ってよいお年をお迎えください。


seline




スポンサーリンク





来週の予定

来週は、楽しみな予定と憂鬱な予定が入り交じっている。
楽しみなのは、かおりとの忘年会ランチだ。これは、子ども会の打ち合わせの日とかぶった。だが、勿論かおりとの方を優先。
憂鬱な予定は、卒対の打ち合わせだ。更にまた、合唱の練習もある。歌なんて、それぞれ自宅で個別練習でいいのではないかと思う。卒業式直前に合わせたらいいとも。
だが、集まることに意義があるのだろう。母親達が、何か月も掛けて練習したー時間も手間も掛けて準備したこと。それが、子ども達へのプレゼントになるのだとボスママが殊更に言っていた。




スポンサーリンク





子も、来週はクラスの仲良しの家でクリスマスパーティーをするらしい。持ち寄りお菓子で、盛大に行うようだ。
一応、メンバーは聞いたけれど、顔と名前が相変わらず一致しない。6年になり、子の交友関係はまったく分からなくなった。だが、去年のように「イケテル」グループで背伸びしていた頃の子とは、毎日の表情が違う。
活き活きとしており、水を得た魚のようだ。

大人も子も、自分らしくいられる場所が一つでも多くあることが強みだと思う。
その強みがあれば、人と比べて負の感情を抱くことも少なくなるし、もっと自分を大事にすることが出来るのではないかと思う。




スポンサーリンク





会話量

一日の会話量。
役員仕事など、予定のない日。
これが、平均なのか以下なのか分からないけれど、恐らく平均以下。

朝、夫は新聞を片手に食事。最近では、子ともぎくしゃくしているから、子を介しての会話も無くなった。
子も、同じく黙々と咀嚼するのみ。
日中、プライベートな付き合いが殆どない私は、買い物で店員と会話するくらい。




スポンサーリンク





「レジ袋はどうされますか?」


「結構です。」


これを会話にカウントするのは厳しい。
学校から帰った子と会話するのも微妙。一方的に、私から子へ質問するのみ。愛想のない返事が返ってくるだけ。
遅く帰った夫とは、殆ど会話はない。あるとしたら、夫から私への一方的な小言くらい。ロクな話がない。
虚しい、ただただ虚しく思う。定期的に訪れるこの感情。受け入れたはずなのに、100%受け入れられていないのだ。そこに、まだかすかな期待があるからか? 叶わない、期待。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR