にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

真の孤高の人

スポンサーリンク








久しぶりのボランティア。この日、敬語ママが来てくれるとのメールがあったので、萎み掛けていた気持ちをもう一度膨らませて活動場所へ向かった。
毎年行われるイベントに出店する商品のラベル付け。商品が売れれば、ボランティアの運営費に、残りのそれはある施設に寄付される。
重い足取り。のろのろ足を進めていると、前方に敬語ママの背中が見えた。そして、一人。ほっとしつつ駆け足で近づいた。


「おはようございます!」


「あ、おはようございます!」


久しぶりの清潔な笑顔にこちらの心も洗われるようだった。なんとか命が繋がったー、大袈裟だけれど、1人でも話せる人間がいると心強い。
学校では子供達のクラスが端と端ということもあり、なかなか会えない彼女。どっしりとしたその存在感は私のような小心者にとって手に入れたくても入れられないもの。
歩きながら、夏休みの話、宿題の話、色々した。何でもない雑談だけれど、数少ない信頼のおける相手との会話はどれだけあってもし足りない。そう感じるのは、言葉数少ない彼女でも、沈黙の回避が上手だからだと思う。
ポツリポツリと、控えめに。しかし気まずい空気感を出さず相手の会話の引き出しをそっと開けてくれる。不思議なことに、たどたどしいながらも彼女の前では饒舌に語る自分がいた。


「2学期になったことだし、ランチ、行きましょう。今度こそ。」




スポンサーリンク




にっこり微笑みながらそう誘われた時は、心底嬉しかった。
部屋に入ると、既に半数以上人が集まっていた。敬語ママは、自然にその中に溶け込む。勿論スタッフだからということもあるけれど、あの熟年グループの輪にもすいすい難なく入って行く。しかも、私を引き連れて。
そこで、初めて私は同世代女性らと視線を合わせて挨拶をし合った。その中の一人と、同じ町内に住んでいることが分かり、少しだけれど盛り上がった。
正直、その女性は声が大きく初めから目立っていたし、私とは正反対の人種なのだと頭から決め付けて苦手意識を持っていたが、話してみれば至って普通で、むしろこちらが圧倒的におかしかったのだと悟る。
相良さんや平井さんもいつの間に傍におり、何となくその女性とその仲間もう一人、そして相良さんらと私の5人で輪を作り作業を始める流れとなった。
目立つ女性ー通称、清水さんは、男の子3人の母親で肝っ玉母さん系。学区は違うけれど、同じ町内ということでこの日は積極的に色々話し掛けてくれた。
私自身、こんな自分に興味を持ってくれることが嬉しくて、舞い上がってしまった。お喋りばかりーというか、彼女から話し掛けられれば、それに卒なく答えることに必死になり過ぎて、肝心の作業がなかなか進まずにいた。
皆、雑談しながらきちんと手先も動いているというのに、不器用な私はどちらかに集中し過ぎるとどちらかが疎かになってしまうのだ。こういうところも、人間関係がうまく築けない原因の一つなのかもしれない。

さらっと私達の輪からスタッフの輪に戻った敬語ママは、既に黙々と作業をしていた。だからと言って浮いているわけでも寂しそうでもない。やはり、こういう人が孤高の人なのかもしれないと思う。
気配り、控えめ、仕事はきちんと。出るところは出て、人が臆する仕事は進んで受け、しかし嫌味にならない。そんな彼女が眩しかった。
もしかしたら、私の心情を考慮して出るところに出てくれたのかもしれない。輪に入れずもう辞めたいーそんな心を読んで、引っ張り上げてくれたのかもしれない。 もう少し、ここで頑張ってみよう。そう思えた。




スポンサーリンク




くじけ気味

スポンサーリンク








段々、気が進まなくなって来たボランティア活動へ行って来た。
最初にあった期待は、回数が進むにつれしぼんで行く。やはり、私は私なのだ。

親切な相良さん達。彼女達と同じグループになったことは幸運だったのに、私はそのチャンスを生かし切れていない。
今一歩、踏み込めないのだ。様子を窺っているうちに、人当たりの良い彼女達の回りには、常に誰かがいるようになり、私はそこに入って行けずポツンとなる。
昨日の活動では、グループ単位ではなく皆で行うものだったのだが、椅子とテーブルがなくだだっ広い部屋の中、所在なく突っ立っている時間は永遠にも感じられた。
同世代女性グループは、一段と声が大きく、常にどこかで集合してからこの場に来るようで、ガヤガヤ連なってる様は、群れる魚のよう。
隅っこで、一人スマホを見ている男性もいるが、男性だからなのか落ち着き払っておりそこに寂しさなど感じさせない。
私は、皆からどう見えているのだろうか?コミュ障?だろうか。この世代の女性で、しかもこのような場に来る人間は社交性があって当たり前。なので、私のような性質の人間がそこに居ること自体、違和感を感じさせているのかもしれなかった。
相良さんと平井さんが入って来て、しかし私とは全く目が合わないうちに、女性グループの一人が大きな声で彼女達を呼び、その輪に自然と入って行く。


ーもう、辞めようかな。


敬語ママに果たしてそこまで義理を果たす必要性も感じないしー、なんだか疲れるだけで嫌になってしまった。
友達作りの場ではないーそう言い聞かせながらも、どこかで期待していた分、それが叶わないとなると途端に嫌気が差してきた。
夏休みに入り、子がいることでこの活動も一旦お休み。時間があるのでじっくり今後のことを考えようと思う。




スポンサーリンク



No LINE,No life

スポンサーリンク








ボランティア活動へ。
先日の出遅れ感で、早くも行きたくない気持ちが浮上。しかし、そういった弱さを克服する為に行くのだと自分を奮い立出す。
部屋に入ると、いつものざわざわ感。そして、私が普段着席するテーブルには誰もいない。つい私と同世代女性グループの席に目を向けると、平井さんが楽しそうに談笑している横顔が見えた。 内心、暗い気持ちで席に着く。
周囲はー、皆、楽し気に会話している。あの、初日ぶっきらぼうに見えた男性も、同じような世代の男女と楽しそうにしているし、また、それ以外のグループも和気あいあい。
そして、それぞれ自分のグループ以外での人脈を築き始めていることに気付く。
誰からも声を掛けられない私は、自分以外の人間関係に敏感だ。要するに、時間を持て余しているから。 会話をする相手がいれば、そちらに全神経が集中するので、そういったところは視界に入らないし、不要な情報は自然と取捨選択されて行き、自
分の為になるものだけしか残らないはず。
時間になり、平井さんが席に戻って来た。努めて明るく挨拶をする。


「おはようございます。」


「おはようございます。」


ふんわりした、柔らかい雰囲気の彼女。目元は常に笑っている。真面目な顔をしていても笑っている顔というのに以前から憧れているが、まさに彼女がそれだ。
私のように、取っ付き難い暗さが無いのだ。


「今日、相良さんはお休みみたいですね。」


「あ、そうなんですよー。今朝、ライン入ってて。なんだか体調が悪いみたいで。」


いつの間に、二人がライン交換をしていたのだと思うと、ますます置いてきぼりだ。私が先に帰宅した日?それとも休んだ日?私も勇気を出して尋ねてみた。


「あの・・良かったら、連絡先の交換してもいいですか?」




スポンサーリンク



勇気を振り絞ってお願いした。しかし、一対一なので頑張れた。優しい彼女は、


「あ、はい!是非。バーコードでいいですか?」


「えっと・・ごめんなさい、私、ラインしてないんです。ガラケーなんで・・」


そうだー、今、世間はラインが当たり前なのだ。随分長いこと誰かと連絡先の交換をしていなかったことで、時代にも取り残されている。 一瞬、彼女は驚いた表情を見せた後、


「あ、じゃあ・・どうしましょう。」


しばらく沈黙が続く。


「私、メール殆ど見ないんですよ。通話もラインだし。節約にもなるんで。」


「あ。そうですよね?じゃあ、電話番号だけでも。」


引っ込みが付かず、そう言うしか無かった。それでも、彼女は私に番号を書いたメモをくれ、私も彼女にそれを渡す。
正直、連絡先の交換という相手に近づきたい行為が裏目に出て、更に彼女が遠くになったようだった。きっと、彼女が私に連絡を寄越すことなどないだろうーはっきり「節約」と言っていたのだ。
私も、一応貰ったメモをそっと手帳に挟んだが、正直掛けることはないだろう。電話は掛け辛い。メールなら、何とかなったのだけれど・・

人付き合いがうまくいかないーそれは自分にも環境にも原因がある。専業主婦の分際でスマホを持つことなど許されない我が家。悲しいけれど、これが現実なのだ。




スポンサーリンク



出遅れ感と嫌な前兆

スポンサーリンク



先週のボランティアは欠席。通院している病院から薬を貰う日だったからだ。
それだけで、昨日の参加は緊張した。妙な焦りと共に、周囲から出遅れてしまった感を持ってしまうのだ。

部屋に入ると、平井さんと相良さんが楽し気に会話をしている。そのテーブル目指し、挨拶。勿論、にこやかに、大人の余裕を持って。
相手も丁寧に挨拶をし返してくれる。やはり、常識的な人達であることを再確認し、ほっとする。
二人は既に会話に花を咲かせていたので、何となく入るタイミングを失い、鞄からタオルハンカチを取り出し、かいてもいない汗を拭きとるような真似をした。
ひとしきり話すと、平井さんが私を気遣うように、先週行った作業の説明をしてくれた。それが嬉しく、そして私より彼女の方がだいぶ精神年齢が大人に思えた。


「ゆみちゃん!!こないだのあれ、持ってきたよ。」


突然、相良さんに向かって話し掛けて来た女性は、私と同世代女性グループの一人。それに笑顔で応える相良さん。平井さんも、そちらの方を見てにこにこする。
すると、その女性は平井さんに向かっても、何だかよく分からない内輪話を始めた。マシンガントークの女性は、丁度部屋に入って来た仲間を手招きする。例のー、私が当初仲良くなりたかった彼女だった。 2人は、私達グループのテーブルの傍からなかなか離れない。私は居たたまれなくなる。あまりにも早口でまくし立てる女性に、平井さん達も笑いながら相槌を打つ程度。


ーいつの間にこんなに仲良くなったの!?




スポンサーリンク



どう考えても、私が休んだ先週としか思えない。だって、前回私が参加した時は、彼女らグループと全く接点が無かった二人。一気に疎外感が湧く。
私がいなかった空白の時間、どのようにして彼女らは距離を縮めたのだろう?なぜ、私がいる時にはそのような機会が訪れなかったのだろう?むしろ、私がいないことで、彼女らは前から接点を持ちたかった二人に近づいたのか? お得意のマイナス思考に支配されそうになる。
幼稚園時代、私よりも後に引っ越してきたまいこちゃんママのことが頭に浮かぶ。嫌な前兆。
スタッフが部屋に入って来たことで、彼女らは自分達のテーブルに戻って行った。平井さんと相良さんは、楽しそうにーそして、もうすっかり何年も前からこのボランティアに参加しているような存在感を持ち始めていた。私のように、周囲をキョロキョロするような挙動不審な動きも見られない。


ーまた、取り残されたー


スタッフの説明は、私の頭上をすり抜けて行った。意識はずっと、目の前に座っている二人と女性グループに向けられたまま、どうしてもそこから離れられずにいた。




スポンサーリンク



所属の数

スポンサーリンク





人間の幸福度は、所属の数によるところが大きいー何かの調査結果で明らかになったと今朝のラジオで聴いた。
子が一人っ子で専業主婦の私にとって、その言葉は身に染みた。そういえばー、複数子持ちの親は顔が広く、交友関係も広い。与えられた24時間は皆に平等だから、子供の世話をするだけでも精一杯。 専業であっても、洗濯物や学校行事、係活動や習い事の送迎、勉強を見てやったりとすべてが子供の数の倍数なのだ。
時間がぽっかり出来ると、ついつい足りないものを数えてしまう。そして、マイナス思考に陥ることで自己肯定感を喪失し、人との関わりも不得手になる。孤独感にさいなまれるという悪循環だ。

ボランティアを始めて、少しだけ所属欲求が満たされたけれど、また別の悩みも出て来た。この、周囲を気にしてしまう性格をどうにかしたい。
相良さんと平井さんは、若いけれどこういったボランティアに参加するだけあって、感じも良いし常識人だ。しかし、昨日のボランティアでも私は他所のグループばかりに気を取られてしまう。
同世代の女性達のグループだ。聞こえてしまったのが、子供の話。運動会がどうのこうの言っていた。一際目立つ彼女等が視界に入る度に胸がざわざわする。いまだ挨拶すら交わしていないことに焦りを覚える。
相良さんと平井さんは、同じく主婦であることが分かった。しかし、子供はいないらしい。私だけが子持ちだったのだ。
何となく、雑談の中で言葉を選んでしまう。こちらから我が子の話は出さないようにしている。聞かれれば答えるーというスタンス。
結婚して何年目なのかだとか、なぜ子供がいないのかーとか、そこまでは分からない。ただ、もしものことを考えての配慮は必要だ。しかしそういった気遣いは、かえって相手を不快にしてしまうのかもしれないけれど・・・
手作業をしながら、私達のテーブルはすぐに沈黙になってしまう。男女混合の老齢グループはまったりと、しかし、全体的には圧倒的に女性が多い。平日の昼間活動となればそれも当たり前のことだろうが。
平井さんは、転勤族の妻。ご主人が不規則な仕事をしていることもあり、パートをするのも厳しいと言う。なので、こういったボランティア活動をいくつか掛け持ちし、忙しい日々を送っているらしい。相良さんは、週3パートをしており、その合間に習い事をしつつ、それでも時間を持て余しているのでこの活動に参加したとのこと。
彼女らからしたら、子育ては未知の世界で私の生活がどれくらい大変なのか、それともどれくらい暇なのか、想像もつかないようだ。



「お子さんいたら、毎日お忙しいですよね。」


そう聞かれて、


「えぇ、まあ・・・いや、そうでもないですよ。もう大きいですし。」


曖昧な返事をしてしまう。
子育てに、大変さは勿論ある。ただ、その加減は仕事と違って調整出来る。勿論、その子自体の能力によるところが大きいけれど。手を掛ければいくらでも掛けられるし、抜けばいくらでも抜ける。だから、子育ては奥深い。
私からしたら、彼女らの方が忙しそうに見えた。しょっちゅうスマホからはライン音が聞こえるし、ちょっとした雑談の中で、彼女らの背景に数多くの所属する場が見えるからだ。

この場が、私の第二の人生ー、私個人の居場所になるのだろうか?それはまだ分からない。正直、まだピンと来るものが無い。彼女らが私と同世代で、また同じように子持ちであったら違ったのかも・・ いや、そういったくくりで考えることはナンセンスだ。この出会いだって一つの出会い。大事にしていこうー「主婦」というくくりで考えたらいくらだって共通項はある。
彼女らの爽やか過ぎる笑顔を見ていたら、気持ちはいくらか前向きになるのだ。




スポンサーリンク



copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR