にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

見てはいけないもの

翌朝ー
顔を洗いに洗面台に向かうと、びしゃっと冷たい何かに足を滑らせ転倒しそうになった。辺りそこらが水浸しだ。
そして、ハッと気付く。雑巾で恐る恐る水浸しの床を拭き、そしてやはり確信する。ツンと鼻をつく匂いに吐きそうになる。
そして、昨夜の見てはいけない光景がリアルに蘇る。

夫は、洗面台に放尿していたのだ。




スポンサーリンク





トイレと間違えた?いやー、しかし鏡にうつる表情は、正気に見えた。あんな場所でそれをするなんて・・驚きとショック、そして嫌悪感と怒りの交じった感情が私を支配する。
何故、私が粗相の始末をしないとならない!?おむつトレーニング中の2歳児の粗相の始末をするのとは訳が違う。
そして、私は心底夫のことを愛していないのだと悟る。
本当に、彼のことが好きだったのならー、嫌悪感より怒りより何より先に、心配する気持ちが湧くのではないかと思う。
そうしてしまった原因を探ろうとするだろう。仕事や家庭でのストレスの負荷を減らす為にはどうしたら良いかを真っ先に考えるだろう。
掃除に使った雑巾を、スーパーの袋に丸めて入れてすぐに捨てた。大きくため息をつき、そして何度も何度も石鹸で手洗いをしたが、さっぱり綺麗になった気になれずにいた。




スポンサーリンク





  • category:

  • 2018/04/16

嫌悪

昨夜も帰りが遅かった夫。
玄関を開けると、酒の匂いが部屋中に充満した。


「おかえりなさい。」


私の呼び掛けには答えず、しゃっくりをしながらシャワーに向かう。年に何度かある酷い泥酔だ。
脱いだ服は、バスルームまで道になる。上着、シャツ、ズボン、トランクス、そして靴下。まとめて洗濯機に入れてくれたら良いのに。
清潔なタオルとパジャマを脱衣所に置き、リビングに戻る。一応、冷えた水を用意し、様子を窺う。深夜1時を過ぎ、先に寝てしまいたい気持ちと戦う。

ガタッと大きな音。どうやら出て来たらしい。しかし、いくら待ってもリビングに出て来ない。倒れているのかと気になり、バスルームの方へ向かうと衝撃的な場面に出くわしてしまった。
見てはいけないものを見てしまった。




スポンサーリンク





我が家のバスルームは、トイレと洗面台の隣にある。夫は、洗面台に突っ立っていた。私には背を向けているので気付いていない。気付かれる前に、慌ててリビングに戻った。


「うおー!!」


突然、背後から雄叫びが聞こえた。少ししてから笑い声。怖かった。
そして、気持ちが悪かった。
しばらく動悸が止まらず、布団に入ってもなかなか寝付けなかった。あの、見てはいけないシーンがぐるぐると瞼の裏に焼き付いて離れず、嫌悪感で一杯だった。




スポンサーリンク





  • category:

  • 2018/04/15

今日の予定を聞かれる憂鬱

「今日は、何かあるの?」


夫が毎朝聞くようになった。これが、プレッシャーだ。何か予定が入っていないと、悪いような気がしてくる。


「今日は・・買い物・・」


「仕事、いいの見付かった?」


「あ、あと買い物ついでにハローワークも寄る。」


「ふうん。」




スポンサーリンク





夫の満足いく答えが用意出来ず、慌てて作った台詞もなんだか見透かされているような気になる。
春休みも終わり、通常業務。学校行事をサボったことがばれてから、夫にも子にも後ろめたさで一杯だった気持ちを思い出す。
子を産んで、専業になった時。あの頃も、毎日のように「今日の予定」を聞いてきた夫。 家にこもっていても、外に出た風を装うことが習慣になった。


「今日は、支援センター。」


「買い物ついでにママ友の家でランチ。」


「公園に遊びに行ってから、図書館の読み聞かせ。」


「ママ友とピクニック。」


「区役所の手遊びと買い物。」


「予防接種受けに病院。」


あの頃ー引っ越し前の私は実にアクティブだった。人付き合いが苦手で、対人恐怖気味な自分だが、子の為にとがむしゃらに頑張って来た。そして、周囲にも恵まれていた。
引っ越し前のママ友の存在も大きかったけれど、夫からのプレッシャーと理想の母親像に押しつぶされそうになりながらも、それに応えて来たのだ。

今の私が本来の私。
明日も明後日の朝も、夫から予定を聞かれることが憂鬱だ。




スポンサーリンク





  • category:

  • 2018/04/13

犯罪のボーダーを踏む

年度末ということもあり、夫は毎晩のように飲み会。

歓送迎会だ。
しかし、送られる身ではなく送る身。海外赴任の話も経ち消え、機嫌が悪い。なので、夫が帰宅する深夜2時頃には狸寝入りをしている。
先に寝ていることで、起こされることは無い。それでもリビングから、あからさまに私を起こそうとするかのような音を立てている夫に嫌悪感を抱く。 一応、ダイニングテーブルに書置きメモはしてあるのだ。


ーお疲れ様、少し気分が悪いので先に休ませてもらいます。


持病が悪さをしている風を装うのだ。これで、直接文句を言われることは無い。




スポンサーリンク





夫の大切な飲み掛けのワインをこっそり飲むようになった。1本2万円程するワインだ。夫の言動に頭に来た時に、それを一口飲んだのがきっかけ。 あまりにも美味しく、それを拝借するのが癖になっていた。
最初は、飲んでしまった分だけ継ぎ足していたが、夫は気付かない。段々それが増えて行く。つまり、安ワインの濃度が増え、最終的に100%安ワインにすり替わった。 夫がほろ酔いで帰宅し、そのワインで飲み直した時は焦ったけれど、全く気付かず全て飲んだ。
それに味をしめた私は、次いで、再び夫の飲み掛けの高級ワインに手を出したのだ。
今度は、一気にすべてをすり替えた。
そして、それがいつばれるのかというスリルに少しの快感をおぼえている。




スポンサーリンク





  • category:

  • 2018/03/22

スマホスマホスマホスマホ

カーリング女子の試合。ハラハラドキドキさせられながらテレビの前にくぎ付けになる。
子も、翌日学校が休みなので、遅くまで起きていた。夫もおり、家族団らんでリビングソファーに座り日本選手を応援する。
よくある家庭団欒の風景。しかし、私は夫の動向に気を取られる。

いちいちスマホーだからだ。

相手チームに得点を取られれば、スマホ。
日本チームに得点が入れば、スマホ。
おやつタイムに入れば、スマホ。

スマホスマホスマホスマホ。




スポンサーリンク
試合に熱中出来ない。ラインの着信音が耳障りだからだ。
ビールを飲みながらだったので、お代わりをつぐ振りをし、背後から画面を盗み見した。
吹き出しマークがずらり。誰とやり取りしているのかまで分からなかったけれど、明らかにカーリングの実況中継風なやり取りをしているようだった。
ここにいるのに、いない。
家族と観戦しているのに、他所の誰かと観戦している。

虚しい、只々虚しい。

子の隣に座り、日本が有利になると二人して喜んだり、その逆だと二人して悔しがったり。 夫がここにいなければ、純粋に楽しむことが出来るだろう。夫の視線は、テレビ画面とスマホだけ。それを目にしながらの観戦は、苛々と胸のざわつきと、そして不安感を伴って全く集中出来なかった。




スポンサーリンク
  • category:

  • 2018/02/25
copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR