にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

確定申告

子の歯科矯正により、昨年はかなりの医療費が掛かった。
ダメ元で、確定申告をやろうかと夫に打診してみたが、やはり拒否された。
基本、金の管理は夫。還付金を計算で求める為に必要な源泉徴収。それを見れば、夫の年収は一目瞭然だからだ。
しかし、〆切ギリギリになり、突然夫から頼まれた。


「このフォームに、入力しといて。」


やっと、夫の給与が分かるのだと喜んだのも束の間。渡されたのは、医療費だけを打ち込むフォーマットのみ。


「申告書まで、やっておくけど。」


「いやー、いい。これだけやって。」




スポンサーリンク





夫も頑として譲らない。一番面倒な作業が回って来たのだ。残業続きで忙しく、また、週末にはスキー旅行の予定が待っている。だが、なんとしても今週中に終わらせたいのだろう。
一年分の大量の領収書やレシートの束。これを日付順に並び替える。夫も、体が弱い。ちょっと腹を壊しただとか頭が痛いで仕事中でも病院へ行き診て貰う。
子も、歯科矯正だけではなく、その他諸々。風邪だとか耳鼻科だとか、また皮膚科だとかで病院の世話になっている。
うんざりしながらも、入力を始める。しかし、やるべきことがあるのは良いことだ。それも、金になることは。
家事労働は金にならないし、頑張ったところで誰も認めてはくれない。しかし、この作業は、やれば金になるのだ。それが給与ではないことは分かっているけれど、それでも俄然、やる気になった。
ただ、自分の口座に振り込まれる訳ではないことを思い出し、空しい気持ちになる。
全て入力し終え、一体、還付金はいくらになるのだろうと思う。知りたいが、知らされない。

しかし、入力フォームにある、何行かの私の名前。年間の通院費を思うと、これ以上求めるのは欲をかき過ぎなのかもと思う。
夫の給与を知らない妻は、この世の中にいくらでもいる。特殊ではないのだーと、言い聞かせる。本心では、全然、納得していないけれど。




スポンサーリンク





ひな祭り予算

ようやく月初。
夫から、今月のやりくり費を手渡しで貰う。何とか首が繋がった。

6万の内訳は、食費と雑費、それに子供関係の諸々費だ。私の小遣いなどは含まれてはいない。
化粧品なども雑費扱いだが、レシートチェックが入るので、むやみに高価なものなど買えない。ちびちび使っていたBBクリーム。千円台だが、夫にレシートを見せるのに躊躇する。
なので、その他日用品諸々と合わせ、どさくさに紛れさせて購入する。
ドラッグストアーのポイント10倍の日。ポイントさえ自由に使えればと思う。ポイントまで夫の管理なのだから息が詰まる。





スポンサーリンク





やはり、自分で稼ごうと躍起になる。
日中、黙々とライター作業をする。面白くもないリライト作業。頑張って4000字。しかも、制限時間あり。しかし、時給に換算すれば1000円前後は行くようになった。
在宅で時給それだけ稼げれば良い方だと思うけれど、集中力はそこまで続かない。結局、その1本で疲れ果ててしまったので、今日の稼ぎはそれだけ。
ストレスで甘いものが欲しくなり、虎の子からプリンを買うことにした。勿論、安いプリン。4個入りで150円くらいだ。
ちょっと前までは、気が大きくなりひとつ100円越えのコンビニスイーツなんて買っていたのに、夫が金にうるさくなり始めてから、私まで危機感をおぼえ始めたのだ。

ひな祭りなので、その準備にも金が掛かる。蛤なんて、目玉が飛び出る価格だ。桃の花も、毎年のことだけれど躊躇する。なので、今年は桃はやめて見切り品のミックス花にした。ピンク色なので、桃の花代わりだ。これが198円。
ちらし寿司の材料は、いくらはカット。その代わりに、ケーキのようなチラシ寿司を作る予定だ。蛤の吸い物もしない。紅白はんぺんの吸い物にする。 夫用のビールも買わない。飲みたければ、自分のポケットマネーから出せばいい。後は、スーパーのロールケーキに激安スーパーで見つけたお買い得198円のいちごを添える。なんとか予算千円以内でおさまった。
もし、夫がこのメニューに文句を付けたら、ここぞとばかりに抗議する心積もりだ。今貰っているやりくり費で足りるはずもない。




スポンサーリンク





やりくり費

やりくり費が、あと五千円しかない。
これで、あと9日。
そういう時に限って、色々な消耗品が切れる。生理用ナプキンも無いが、あと数日で予定日なのでこれは必須。
野菜も、相変わらず高い。それなのに夫が食べたいものは、餃子だとかロールキャベツ。独り言のように、


「ロールキャベツが食いたい。」


なんて朝から耳に入れば、3日以内にそれに応えなければ機嫌が悪くなる。
ふと、ドラッグストアの300円割引券を思い出し、喜々として財布から取り出すが、まさかの期限切れ。それも、3日前。
なんだかついていない。





スポンサーリンク
期待せずして入った激安スーパーで、なんとキャベツがひと玉198円で売られており飛び付く。他に、一丁10円の豆腐だとか45円の納豆もゲットする。
30円のもやし2袋。レジを済ませ、もうひと玉キャベツを買っておこうかと思い、先程のコーナーへ行くと、ぎょっとした。
「中国産キャベツ」と書かれた段ボール札に気が付かなかったのだ。げんなりし、そのまま見て見ない振りで帰ろうかと思ったが、返品することにした。
若いレジ担当の女の子が、明らかにうんざりした表情で対応をする。何度も頭を下げる。どちらが客だか分からない。
そして、代わりに400円のキャベツを買った。
先日、中国の一流ホテルでトイレの便器の中の水でコップを洗ったりする清掃員のニュースを観たこともあり、どうしても譲れなかったのだ。
結局、色々と厳選して使った金は、800円。子のおやつを買うことも諦めた。果物も、イチゴやオレンジを買ってやりたい気分だったが、98円のバナナに落ち着いた。
これで、バナナケーキでも作ろう。




スポンサーリンク

月2万の食費

野菜の価格は少しは落ち着いた。
例の激安スーパーで、キャベツは200円足らず。ほくほくしながら今晩のおかずを考える。

夫が残業ばかりで夕飯無しなことも多い我が家。なので、他の3人家族の食費平均よりは低くて当たり前なのかもしれない。
そのことで、夫からも指摘があったのだ。月2万で出来るはずだと。
子は、平日に給食がある。実質的に家族揃っての食事は朝のみ。朝は和食派の夫なので、小鉢にあれこれおかずを作るとそれなりに掛かるものだ。 例えば今朝のメニュー。


ーわかめと豆腐と揚げの味噌汁
ーだし巻き卵
ーグリーンサラダ
ーひじき煮
ーウインナー2本
ーしらすおろし
ー白菜の漬物
ーいちご入りヨーグルト

これでもまだ主食が焼き魚でないだけまし。魚は肉より高い。 ウインナーは、安いものは夫はまずいと手を付けないので、普段は一袋500円近くするメーカーのものが値下げで200円台になった時にまとめ買いする。
私と子だけなら、食パンとヨーグルトくらいで済ますのに。食費高騰の原因はあんたにあるのだと声を大にして言いたい気分。




スポンサーリンク



節約の為、昼は納豆ご飯にキムチのみ。ここ最近はずっとこれだ。夫の弁当を作ってその余りを自分の昼食にしていた時もあったが、やっぱり塵も積もればだ。
必要な分だけ作ることにした。度々起こる、作った後に急遽要らないと言われた時は、先日のように私の胃袋に入るだけ。

夜、子と二人の時は成長期ということもあり、あんまり貧相な物を食べさせる訳にいかない。手抜きだがバランスを考える。
肉ばかりにならないように、多少高くても野菜をたっぷり。夜は、もやしたっぷりと少しのキャベツ(まだ、勿体無くてキャベツを思い切り使うことが出来ない)や人参で焼きうどんの上に半熟卵を乗っける。 そういえば、朝も卵料理を出したなーと頭の隅で思うけれど、子が喜ぶのでやめられない。それに、コーンとかにかまの中華スープだ。
デザートにはみかん。
やっぱり2万は余裕で超える。うどんだって一袋10円のものなのに・・夫の言う通り、やはり私のやりくりが下手なのだろうか。




スポンサーリンク



貴重な収入源の喪失

貴重な収入源がひとつ無くなった。

2月に入り、クライアントから一方的な突然のメール。ばっさり切られた。





スポンサーリンク



数年前からライター内職を細々と続けており、その収入を自分の小遣い、子の諸々費用、実家への送金に充てていたというのに。月に5万前後は稼いでいたのでちょっとしたパート代になっていたのだ。他のクライアントともやり取りしているが、このクライアントに最近はおんぶに抱っこで、月に3万~は得ていた。これが無くなるということは、頑張っても2万前後に激減。しかしこの2万は、安定している収入ではなく、自ら新規で開拓して得るタスク作業となるので手間も掛かるし確実なものではない。 最近、主婦の在宅ワークが流行っているが、その手の話はネットでも見聞きしていた。しかし、まさかそれが自分の身にこんなに早く起きるとは思っておらず、今はどうしたら良いのか分からない。 まだ、メールで連絡があるだけましなのかもしれない。ネットの世界だ。実際面接を受けたわけでもないし身分証明書を提出したわけでもない。クライアントだってリスクがあるのだ。 問題となっている記事の盗用だとか、金を支払っているのにそういったトラブルも無いとは言い切れない。
最近、子に金が掛かるようになり、夫が以前のように金にうるさくなった。レシートのチェックも復活だ。なので誤魔化すことは出来ないし、欲しいものは自分で稼いで買うしかないのだ。 また、働き口を探さなければ。短期だとか悠長なことを言っている場合ではないかもしれない。




スポンサーリンク



copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR