にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

月2万の食費

野菜の価格は少しは落ち着いた。
例の激安スーパーで、キャベツは200円足らず。ほくほくしながら今晩のおかずを考える。

夫が残業ばかりで夕飯無しなことも多い我が家。なので、他の3人家族の食費平均よりは低くて当たり前なのかもしれない。
そのことで、夫からも指摘があったのだ。月2万で出来るはずだと。
子は、平日に給食がある。実質的に家族揃っての食事は朝のみ。朝は和食派の夫なので、小鉢にあれこれおかずを作るとそれなりに掛かるものだ。 例えば今朝のメニュー。


ーわかめと豆腐と揚げの味噌汁
ーだし巻き卵
ーグリーンサラダ
ーひじき煮
ーウインナー2本
ーしらすおろし
ー白菜の漬物
ーいちご入りヨーグルト

これでもまだ主食が焼き魚でないだけまし。魚は肉より高い。 ウインナーは、安いものは夫はまずいと手を付けないので、普段は一袋500円近くするメーカーのものが値下げで200円台になった時にまとめ買いする。
私と子だけなら、食パンとヨーグルトくらいで済ますのに。食費高騰の原因はあんたにあるのだと声を大にして言いたい気分。




スポンサーリンク



節約の為、昼は納豆ご飯にキムチのみ。ここ最近はずっとこれだ。夫の弁当を作ってその余りを自分の昼食にしていた時もあったが、やっぱり塵も積もればだ。
必要な分だけ作ることにした。度々起こる、作った後に急遽要らないと言われた時は、先日のように私の胃袋に入るだけ。

夜、子と二人の時は成長期ということもあり、あんまり貧相な物を食べさせる訳にいかない。手抜きだがバランスを考える。
肉ばかりにならないように、多少高くても野菜をたっぷり。夜は、もやしたっぷりと少しのキャベツ(まだ、勿体無くてキャベツを思い切り使うことが出来ない)や人参で焼きうどんの上に半熟卵を乗っける。 そういえば、朝も卵料理を出したなーと頭の隅で思うけれど、子が喜ぶのでやめられない。それに、コーンとかにかまの中華スープだ。
デザートにはみかん。
やっぱり2万は余裕で超える。うどんだって一袋10円のものなのに・・夫の言う通り、やはり私のやりくりが下手なのだろうか。




スポンサーリンク



貴重な収入源の喪失

貴重な収入源がひとつ無くなった。

2月に入り、クライアントから一方的な突然のメール。ばっさり切られた。





スポンサーリンク



数年前からライター内職を細々と続けており、その収入を自分の小遣い、子の諸々費用、実家への送金に充てていたというのに。月に5万前後は稼いでいたのでちょっとしたパート代になっていたのだ。他のクライアントともやり取りしているが、このクライアントに最近はおんぶに抱っこで、月に3万~は得ていた。これが無くなるということは、頑張っても2万前後に激減。しかしこの2万は、安定している収入ではなく、自ら新規で開拓して得るタスク作業となるので手間も掛かるし確実なものではない。 最近、主婦の在宅ワークが流行っているが、その手の話はネットでも見聞きしていた。しかし、まさかそれが自分の身にこんなに早く起きるとは思っておらず、今はどうしたら良いのか分からない。 まだ、メールで連絡があるだけましなのかもしれない。ネットの世界だ。実際面接を受けたわけでもないし身分証明書を提出したわけでもない。クライアントだってリスクがあるのだ。 問題となっている記事の盗用だとか、金を支払っているのにそういったトラブルも無いとは言い切れない。
最近、子に金が掛かるようになり、夫が以前のように金にうるさくなった。レシートのチェックも復活だ。なので誤魔化すことは出来ないし、欲しいものは自分で稼いで買うしかないのだ。 また、働き口を探さなければ。短期だとか悠長なことを言っている場合ではないかもしれない。




スポンサーリンク



節約恵方巻

最近ではやたらと家計簿をチェックしていたり、また何冊もの通帳を見ながらため息をついている夫。しまいには、これまでやりくり費として渡されていた金を減らしたいと言い出した。 3人家族で娘一人なら、6万でやれるはずだと。習い事だとかその他子に掛かる雑費は目に見えにくい形で多く存在する。それを夫はいまだに理解してくれず、世の中のやりくり上手な主婦雑誌や情報を鵜呑みにし、我が家で出来ないはずはないと思い込んでいるようだった。

今月から、食費の予算もカットした為、恵方巻は買わずに手作りだ。しかも、安い具材で。
いくらだとかまぐろだとかは買わず、サラダ巻きとかんぴょう巻きで済ます。そもそも子はそちらの方が好きだったりするので有難い。
夫はそもそも海苔巻きがあまり好きではない。寿司なら握り派だし、食べたければ外食で済ますのだろう。家飯は安いもので良いと突然言われた。
今年に入って、いきなり始まった節約志向についていけない。

元々、ツーリングを始める前までは、真っすぐ自宅に帰り趣味も無く金も使わない、そんな男だった。自分の物にあれこれ使い始めたのはここ数年。株で儲けたこともあるのか?それがうまく行っていないからなのか?それともー他に使うあてが出来たからなのか?兎にも角にも様子がおかしい。

少ない予算で出来た恵方巻。見た目が貧相な気もするが仕方が無い。 夫が言い出した生活費の削減。目に見える形にした方がいいに決まっている。









スポンサーリンク

金の催促

スポンサーリンク








子供には、金が掛かる。
分かっていたつもりだが、最近それを強く実感している。
それでも、習い事はピアノとZ会だけだし、一人っ子。まだ他の家庭に比べればマシなのかもしれない。
毎月の定期検診に、歯科医院へ行ったのだが、またまとまった金が必要になったのだ。我が子の歯並びは、どうやら「特殊」らしい。


「まず・・レントゲン撮ってみましょうか?」


このレントゲン代が高い。奥歯を撮る関係から、横顔のレントゲン。これが2万。手持ちが無かったので、急いで夫にメールした。
翌日の支払いでもOKだということで何とかなったが、こんな時にいつも思うのが、自由に家計の金を引き出し出来たらということだ。
夫に催促するのも面倒だし、また渋い顔をされるのもストレスだ。決して、無駄遣いだとか私欲の為に催促している訳でもないのに、なんだかこちらが悪いような気がしてくる。 少ししてから、夫より返信。休憩時間だったのだろうか。


ー2万も?そのレントゲンは撮る必要があるのか?




スポンサーリンク




もう既に、子はレントゲン室に入って行ってしまったのでどうにもならない。その前であったとしても、歯科医にそんな質問など出来る訳もない。
だったら、夫が代わりに付き添って直接医師に尋ねて欲しいくらいだ。矯正について、専門的な知識を持たない私達は、医師の言うことを聞くしかない。


ー今後の矯正で、どうしても必要らしいの。一番大切な歯だから、きちんと矯正しないと他の歯にも影響を与えるって。


しばらくして、


ー分かった。


それだけ返信が来た。しかし、帰宅した夫からブチブチ言われることは大体予想出来る。それに対し、私は申し訳無いような低姿勢の対応をしなくてはならない。
レントゲン写真が出来上がり、歯科医から説明を受けた。そしてその後に、


「この結果の通り、もう少しサイズを変えた装置を付け替えないとならないですね。」


お馴染みの台詞、これに続くのが費用についてだ。そして、その費用は私の想像を遥かに超えた。また、数十万夫に用立てて貰わないとならない。
そして、先程2万を用立ててもらうことに労を費やしたこともあり、すぐにそれを夫に伝えることは出来なかった。分割であっても、毎月10万は支払わないとならず、まず最初にその期限が今月内。 やりくりのことだけで、家計のことにはノータッチの私。夫が渋るのは、単にケチだからなのか・・最近になって少しの不安感が湧く。
よく聞く、実は貯金ゼロでしたーだとか、趣味や株で失敗してキャッシングしてましたーだとか、そんなことは夫に限ってないだろうという確信が徐々に崩れ始めている。




スポンサーリンク




行方不明

スポンサーリンク



ー合わない・・


毎晩つけている家計簿。いつものように、生活費が入っている銀行の封筒をさぐると、あったはずの万札2枚が消えていた。
今日、買ったもの。慌てて財布の中のレシートを取り出し、すべてを合算。穴が空く程電卓に表示された合計金額を見るが、使ったのはせいぜい1500円程度。
昨夜までは計算が合っていた。それに、封筒の中にはきっちり5万円が入っていた。
封筒の中から出したり入れたりー何度同じことをしてみても、2枚の万札は増えることも減ることも無い。ただ、昨夜まではあった4枚が2枚に減っているのが現実だ。 ここ最近、千円単位で家計簿が合わない。しかし、レシートをどこかに紛失したのかもしれないし、忙しくて2~3日家計簿をさぼってしまったツケが回ったのかもしれない。私のだらしのなさが原因であることは確か。

夫に言えるはずも無く、しかし頭の隅では夫が何か入用でここから抜いたのかもしれないーと思う。だが、冷静に考えて、昨夜は早帰りだった夫。そして今朝は普通の時間帯に出勤。
寝室には夫の方が先に入って行ったし、同じく寝室から出たのは私の方が早かった。
リビングにある、生活費が入っている戸棚を開けるのに十分な時間があったとは言えない。

悶々としながらも、結局足りない2万を自分の虎の子から出すしか方法は無かった。身に覚えの無いー、だが、私の管理不足からの紛失は自らが尻ぬぐいするしか無い。
内職をまた頑張ろう。
それでも、やはり夫を疑う気持ちは消えずにいた。深夜、トイレに行くついでに抜いたのでは?そんな想像をするだけで苛々が募る。
そして、気軽にそれを尋ねることの出来ない夫婦関係は、やはり不健康だと思いつつどうにも出来ない現状なのだ。




スポンサーリンク



copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR