にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

芋づくし

夫の為に作った弁当。今日の昼飯だった。

朝食は、和定食風。焼鮭にサラダ、納豆に卵焼きと味噌汁。そして、フルーツには柿。
夫と子に食べさせている間、私はキッチンでバタバタと弁当を作っていた。
毎度のことながら、こだわりの無い夫なら楽だと思う。
例えば、たまにはチャーハン弁当だとか牛丼弁当などの丼ものでも喜んで食べてくれるような。
冷食も嫌いな夫なので、いちいち手作り。子は給食なので、夫の分だけ。
まだ新婚の頃は、私の分も作り二人分でやっていたけれど、昼はそんなにたくさん食べられないし、倍作らないとならないことで食費も案外掛かる。
離れていても、昼は同じものを食べているーそんなことが嬉しくときめくような夫婦関係でもない。


「今日、弁当要らない。」


こんなに近くで作っていたのに、全て作り終え、弁当箱をナプキンに包み終えた瞬間の報告。


「あなた、食べていいよ。」


悪びれる様子もない。だが、ここまで上から目線だと、もうどうでも良くなってくるものだ。悲しいだとか怒りの感情すら湧いてこない。
そして、ダイニングに置かれた弁当は、私の胃袋におさめることになったのだ。





スポンサーリンク





普段の昼飯は酷いものだ。魚肉ソーセージに煎餅だとか、食器を出したり洗ったりが面倒だからと買い置きの菓子で済ますこともあれば、米が残っていれば、納豆ご飯だったりバター醤油ご飯だったり。
なので、きちんとした弁当を前になんだか畏まってしまう。

レンジでチンし、蓋を開けると湯気がもわっとする。自家製弁当特有の匂い。それに条件反射するかのように、腹がぐぅーと鳴った。
メインおかずのじゃがいもとブロッコリーと鶏肉のマスタード炒め。かぼちゃの煮物。それに、サツマイモのきんぴら。
ふと、気付く。芋ばかりだということに。そして、こういうところが夫の苛々に繋がるのだろう。小言を言われた時は、気を付けるようにするが、同じ過ちを何度も繰り返す。
自分と関係ないところでの気遣いが足りないと、昔からよく言われる。

夫が、弁当の要らない日で良かったー、そう思い直した。




スポンサーリンク





癒しの時間

買い物帰り、素敵ママを見掛けた。キャップにサングラス、それにジャージに耳にはイヤフォン。
颯爽と走っていく後ろ姿。どうやらジョギングをしに行ったらしい。
仕事柄、体力もスタイルも維持し続けなければならないのだろう。案外、ストイックな人なのだなと思う。


それに比べて私はー


怠惰な生活を送っている。食生活も、夫と子がいる時はバランスの取れた食事を取りつつも、一人の昼ご飯なんてひどいものだ。
魚肉ソーセージ一本とか、納豆ご飯のみとか、もっと酷い時は、スナック菓子一袋とか。




スポンサーリンク





発作があってから酒は控えているが、何かを我慢すれば、何かが我慢出来なくなる。最近ではチョコレート。
定期的に訪れる、チョコホリック。激安スーパーで買った、69円の板チョコは一日2枚無くなることも多い。
顔には吹き出物、化粧乗りも悪くなっている。

運動をしようとプール通いをしていた頃もあったが、最近ではめっきりだ。運動をする意欲というか、何かをする意欲が無い。
ピアノもカメラも、一過性の趣味で終わった。

ソファーに寝転び、ワイドショーを点けて携帯片手に板チョコにコーヒー。私が今、一番心安らぐ時だ。
建前の趣味なんて、続く訳が無い。大抵続くのは、表立って言えないことが多い。




スポンサーリンク





家族というストッパー

一日が、あっという間。
朝、夫と子が出掛けた後に洗濯をする。2回の時もあれば、シーツなどの大物を洗えば3回。夫がちょっと使ったものでもすぐに洗濯機に放り込むので、3人家族にしては洗濯物が多い。
食器もそうだ。たった一口、口を付けたカップ。すぐに流しに。それは子も同様。お茶を飲んでからジュースといったら、少し注いで同じカップを使って欲しいのが本音。
だが、すぐに新しいカップを食器棚から出す。
ダイニングテーブルには、すぐにマグカップやグラスの山。まるで、大家族。私だけが、一日中同じマグカップを使っている。皿も同様。少しでも洗い物を少なくする為の悪あがきだ。
毎日毎日掃除機を掛けていても、埃は溜まる。落ちた髪の毛も。
一通りの家事を終えると、11時くらい。そこでようやくほっと一息付く。最近では、そのまま寝てしまうことも多い。
納豆ご飯やお茶漬けなど、適当な昼ご飯をしたら、買い物へ。また、掃除は後回しで買い物へ行くこともある。そうこうしているうちに、子が帰宅するのだ。




スポンサーリンク





学校行事やその他、役員などの仕事が入れば、すぐに家事は疎かになる。勿論、私が手を抜いていると感じればすぐに小言が始まるので、それが無いということは、本当に気が付いていないのだ。
季節が変わり、日が落ちるのが早くなったことで、更に一日が追い立てられるように感じる。
一人っ子でそうなのだから、これが2人も3人もいたら、どうなってしまうのか?私には、やはり複数子を育てるだけの力量は無い。

ただ、人間不思議なもので、手抜きも慣れれば普通になり、更に手を抜くところを探してしまう。どんどん自堕落になってしまう。
そうならない為のストッパーが、家族だ。家族がいるから、掃除もするし料理もする。快適な環境を整えなければという義務感も生まれる。
煩わしく思うところの多い夫だが、彼がいるからこそ、人間らしい普通の暮らしが出来ているということも否めないのだ。




スポンサーリンク





予防空振り

インフルが都内でも流行り始めた。
夫の職場でも、ちらほら欠勤が出ていると聞いた。


「マジ、予防接種しとけっつーの。」


後輩がインフル休みのお陰で、夫に余計な仕事が降って来たらしく、苛ついていた。
まだ、子の小学校でインフルとは聞いてないけれど、一人出たらあっという間に広まるーそう思い、先週は予防接種に子と病院へ。


「問診票とー、体温はかって下さいね。」


待合室は激混み。殆どの人がマスクを着用しているが、そうでない人もぽつぽついる。そういう人に限って、咳をゴホゴホしているし、なんだか具合が悪そうだ。
また、小児科も併設していることから、子どもも数人いたが、マスクをしていても意味が無い。嫌々とすぐに取ってしまうのだ。
そういう子どもがまた冷えピタなどしているものだから、きっと風邪かなんかだろう。うつりたくない。
私も子も、そんなことは想定内だったので、マスクを着用していた。それでも不安。病原菌がうようよしている待合室。実際、菌に赤色でも付いていたとしたら、この待合室は真っ赤っかだろう。


「ママ、ちょっと熱ある。」




スポンサーリンク





体温計は、「37.3℃」という微妙なところ。子の平熱は36.2℃なので、高い。
発熱の基準が、37.5℃以上。なので、思い切って打ってしまおうか?とも思ったのだが、


「なんか、寒い。」


子が、両手で腕を庇い始めた。嫌な予感。結局、この日に注射を打つことは諦めた。


「問診票、折角書いていただいたので、また来院された時に持って来て下さい。熱のところだけ、訂正で。」


受付に言われ、問診票を手に自宅に戻った。念の為、子の熱をはかる。36.3℃。いつも通り。
クタクタになっただけ、損をした気分。


「寒気は?」


「ない。」


あの待合室にいれば、気持ち的に具合が悪くなるというものだ。やっぱり、病は気からーなのかもしれない。
今週こそは、注射を済ませてしまいたい。




スポンサーリンク





ファッションアイテム枯渇

急激に寒くなり、衣替えをしようとクローゼットを整理した。

出て来たのは、ヨレヨレの毛玉だらけのニットだとか、時代遅れのチュニックワンピ。
洋服が欲しいーそんな欲求が芽生えると、最近では子がすぐにサイズアウトすることで買い与え、何となく自分が買ったような錯覚に陥る。
ふと、修学旅行で子に買った服を出す。クラスメイトと服が被り、このまま箪笥の肥やしになるだろうまだ新品の服。
勿体無い。
鏡に合わせたら、それだけでは若作りというか痛いおばさんが目立ってしまうけれど、その上にカーディガンやパーカーを羽織れば見られなくもない。
もう着ないのだからと、自分のアイテムの一つにすることにした。
クローゼットには、黒かグレー、それにベージュや紺のオンパレードで、どれもこれも同じに見える服ばかり。
卒対や子ども会の集まりで、皆がそれなりに年を重ねながらも、それぞれ自分に合う服をカラフルに着こなしているのを目にすると、つい真似したい衝動に駆られる。




スポンサーリンク





例えば、Mさん。 家もお洒落だけれど、彼女もお洒落だ。ふんわりした雰囲気だけれどファッションはほっこり系ではない。割とシンプルな、だが質の良いもの。
例えるのなら、同じボーダーシャツでも、私の着てるものは900円で、彼女の着てるものは1万円弱だろう、そんな感じ。
この間の集まりでは、大柄のツイードチェックのタイトロングスカートに、上はシンプルな短めのカットソーだったのだけれど、なんていうかお洒落だった。そもそもスカートを着るなんて、私は冠婚葬祭や子の式典の時くらい。
Tさんは、少しギャルが入っているけれど、今のトレンドを抑えたファッション。
Hさんは、足が長いことを生かしてなのか、ワイドパンツにコンパクトなトップススタイルが多いのだが、やはり自分の体形やキャラクターに合ったファッションだ。
会長は、年相応といったら失礼だけれど、雑誌から飛び出たようなファッションからは程遠い。しかし、ネイルサロンに行ってるらしいし、身に付けているジュエリーは恐らく本物なのだと思う。
垢抜けてはいないけれど、ブランドバッグを引っ提げて集まりに出ることが多い。
皆、それぞれが自分のファッションを楽しんでいるように見える。

私はというと、まず値段を見て躊躇。結局買わず仕舞い。子の服を買うことでやり過ごす。自分の服を買う時のような、変な罪悪感に駆られることもない。そして、もう何か月もネットショッピングの買い物かごに入れたままの服がある。
それらも、シーズンを過ぎてセール価格で売れてしまったのか、「現在この商品はお取り扱いありません」の表示に変わってしまった。

欲しい欲しいと思うと、欲求は高まるばかり。食欲と同じで、我慢し続けるとそのリバウンドが酷くなることも知っている。
そうならないうちに、このストレスを上手く発散させてしまいたい。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR