にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

糸の切れた凧

卒対の合唱練習へ。
直前まで、行くのを迷った。
一度サボってしまうと、歯止めが効きにくくなることを実感する。もう、どうでもいいやーそんな感じ。
子ども会の方も、以前はちょくちょく覗いていたラインだが、丸一日放置することもある。
すっかり糸が切れてしまった。

重い腰を引きずって、学校へ。集合場所の音楽室。廊下からでも中のざわめきが耳に届く。華やいだ、母親達の声。
まいこちゃんママやそのママ友らが、入口を塞ぐように話し込んでおり、敢えて目を合わさず、頭だけ下げて横を通り過ぎる。
遥か昔、共にランチをしたこと、今では無かったことになっている。顔見知りー以下。一対一では挨拶くらいするかもしれないが、そうでなければ目も合わせない他人の装い。
もう何年もママ社会にいて得た、暗黙のルール。挨拶するかしないかは、その輪に入れるか入れないかと同義なのだ。

教室の中は、既に人で一杯。椅子もないので、保護者達はそれぞれ気の合う仲間と話し込んでおり、卒対メンバーはピアノ横で楽譜片手にあれこれ話し合っている。
そこへ行くべきか迷い、だがやめた。既に出来上がっている空気を壊す度胸はない。

私の右隣りには、二人組。左隣には3人組の母親達がぺちゃくちゃ会話に花を咲かせている。卒業式にどんな服を着るかで盛り上がっているようだ。
二人組のうちの一人が、3人組の一人と近しい関係なのだろうか?私をまたいで声を掛けた。二人は役員が同じなのだろうか?当番がどうのこうの言い合って、だが互いの輪から離れようとしない。
あくまでも、私を挟んで会話をする。居たたまれなかった。
トイレへ行く振りをして、その場をそっと離れた。




スポンサーリンク





少し経ち戻ると、パート毎の練習になっており焦る。


「OOさんは・・ソプラノだね。」


孤高の人が声を掛けてくれ、しかも、彼女と同じパートだったので安心する。一人は話せる人がいる、それだけで心強い。
指揮とピアノ担当は、何度も練習して来たのだろうかー、一度通しで歌うことになったけれど、一度もミスせず弾き通した。
皆、遠慮してなのか声が小さい。


「ちゃんと声出してー!」


ボスママが叫ぶ。どっと笑いが起きるが、何が可笑しいのか分からない。箸が転がっても面白い、そんなおばさん連中は痛過ぎる。
2時間程度の練習。途中、私にとっては不要な休憩時間もあり帰りたくなった。お菓子を持って来てる人もいて、周囲に配ったり。そんな時は、相手が戸惑うことがないようその場を離れる。
こんな気の遣い方しか出来ないのだ。

練習が終わると、一番に外に出た。外の空気はひんやりとしており、自分が思う以上にのぼせていたらしい。
頭の中では、さっきまで練習していた曲が鳴り響いて止まなかった。




スポンサーリンク





自己暗示

後悔はない。
昨日は結局、歌の練習をサボってしまった。
午前中だけ欠席しようと思っていたのだけれど、体調不良ということで午後も。雨も降っていたし、無理することをやめた。
歌は、家で自主練し、直前の合わせに出ればいいのではないかと思う。
パートを決めるとかボスママが言ってたけれど、どうせ、それだって仲良し同士でのグループ分けのようなものだ。パートごとに練習するのもキツイ。




スポンサーリンク





まるで、学生時代の延長だな、と思う。母親になったって、女子特有の厄介ごとが付いて回るのだ。
暇で、そういったことが苦にならない人だけ集まればいいのだ。
協調性がないのかもしれないが、仕事で出ない人だっている。当日の設営が私の担当だ。
なので、馬鹿真面目に全ての集まりに参加する必要もないのだ。役員は、皆殆ど出席しているけれど、だからといって自分のペースを崩す必要などない。
仕事ではないのだ。
そう自分に言い聞かせる。




スポンサーリンク





目論み

今日は、合唱練習。
行きたくないし、昨夜は殆ど眠れなかった。
卒対委員としては、午前中から出ないとならない。
でもー、私一人いなくても、何の支障もないのではないかと思い始めている。
特に、当日の役割分担も決まっていない。歌詞カードの印刷だとか、伴奏の人を早目に呼んでいるので、音合わせとかをするだけ。
なんだかんだ、ランチ目当てなのではないかとさえ思い始めている。
スネ夫ママやボスママなど、ほぼ仲良しメンバー中心の委員なのだ。

ひっそり、ラインで「欠席」連絡をしようと目論む。
午後の練習だけ、頑張って出よう。気持ちは既に固まりつつある。




スポンサーリンク





何歳になっても女子

もうすぐ合唱の練習日。弁当持参とのこと。午前中から午後に掛けて行うという。
仕事をしている人もいるのだから、行事のついでにサクッと行えばいいのにと思うのだが、ボスママら卒対メンバーの仕切り屋達がグループラインの投票で決めた日程に行うことになった。
勿論、私も投票した。本当に行きたくないので、敢えて、皆の都合が良い日程にバツ印を付けたのだけれど、投票締め切りと共に私が〇を付けた日程で2名バツ印だった日がいつの間に〇になっており、その日に決まってしまったのだ 。
しょうもない小細工は、結局効かなかった。




スポンサーリンク





午前中に全体練習の準備をし、午後に保護者が集まり練習に入るらしい。
考えただけで、憂鬱。弁当の時間だけ抜けたいけれど、都合の良い理由が見当たらない。
だからといって、一人輪から外れてポツンと食べるのもキツイ。
この年になって、こんなことで悩むなんて。女に生まれたら、これが宿命なのだと腹をくくるしかない。




スポンサーリンク





スルー力

卒対の合唱練習。危惧していたピアノ伴奏の担当も決定し、後は練習のみ。
ラインにて、曲名と動画が送られて来た。各クラスで共有して欲しいとのこと。
前回、自クラスのライン問題で悩んでた私だけれど、実は同クラスのママがメンバーにいたのを知らなかったのだ。
あれから数日後、見慣れないアイコンからグループ招待をされており、参加すると、既に子のクラスの母親達がメンバーに加わっていた。招待中がまだ数人いるものの、ほぼ全員が加わり、グループ作成をしてくれた人は更に投票ボタンやノート機能を駆使し、練習日を決定すべく、卒対メンバーとの擦り合わせを行ってくれた。 取りまとめてくれた人ー、Sさんに個別ラインを送った。




スポンサーリンク





ー代表してグループ作成をしていただき感謝します。お役に立てずにすみません(;^_^A


感じ良く伝わるようにと、柄にもなく絵文字も入れてみたけれど、いまだに未読。届いているのだろうか?そもそも友達申請すら承認されていないのは、メッセージに気付かれていない証拠か?
モヤモヤしつつ、だがもうこういった小さなことにこだわるのはやめようと腹をくくる。些細なことをついネガティブに捉えがちの私。
気にしないこと。これが一番人生をうまくやる秘訣なのだと、頭では分かっている。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR