にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

買い食いと奢り

スポンサーリンク





「ママー、自転車が無くなった・・」


珍しく、放課後外遊びをして来た子が、帰宅した途端しょんぼりとした様子で私に告げた。
その日はみこちゃんと二人きりで、児童館で遊んだとのことだった。


「児童館に停めてなかったの?」


「うん・・その後、違うところに行って・・」


よくよく聞くと、その後、児童館の近くにあるスーパーに寄ったそうだ。そこで、みこちゃんがカードゲームをするのを見ていたらしい。
その時知ったのだが、そこでアイスを2本買い、子にくれたらしい。買い食いというやつだ。


「え?みこちゃんに買って貰ったの?駄目!外でそういうことは絶対駄目!!」


子は、きょとんとした顔で私を見上げる。何がどう駄目なのかが全く分かっていない風だった。
そして、私も叱ったは良いが、子にどう言い聞かせたら良いのか頭を悩ませた。みこちゃん家には、ご両親の考えがあるかもしれないし、そこは私の口出しするところではない。
小遣いを与え、自由に使わせることーそれが自立への一歩だと促しているのだとしたら、私には何も言えない。
しかし、我が子となれば話は別だ。しかも、「奢り」だ。


「まさか・・みこちゃんに買わせたりしてないよね?」


子は、少し考えてから首を振った。


「OOはお金がないから買えないって言っただけ。」


「そうなんだ。みこちゃんは、いつもお菓子を買って食べたりしてるの?」


「いつもかどうかは分かんない。でも、お札も持ってたよ。」


小学生の平均的な財布事情は分からないが、しかし、子供だけで札を自由に持たせて使わせること、充分トラブルを呼ぶ危険性があるように感じた。
3年生ともなれば、ある程度の金銭感覚を身に着けさせる為に、親の知る範囲内で金を使わせることはアリだとも思うが、しかし子供間だけでのやりとり=奢りだとかに発展すると、後々怖い。
子も、今回は私が気付いたことで何とかなったが、もしも気付かないまま何度も奢られていたとしたらーそして、それが当たり前の流れになっていたとしたら、取返しの付かないトラブルを呼んでいたかもしれないのだ。
想定外のことで、自転車を無くしたことなどすっかり頭から抜けていた。慌てて日も暮れた頃、子と2人でスーパー周辺も探したが、しかしどこにもそれは見当たらなかった。






スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR