にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

無くした自転車

スポンサーリンク





自転車が無くなり、被害届を出す前に、もう一度探すことにした。
児童館は勿論のこと、その周辺とスーパー。近くの公園などだ。鍵をきちんと掛けていなかった子にも責任がある。そこのところは口酸っぱく本人に言い聞かせた。
子の自転車と同じ色のそれを見る度に、心臓がドキドキする。どこかの子供が乗っているそれが似た物だと、そのドキドキは大きくなる。
子がダンス教室のレッスン中の待ち時間を使い、もう一度公園周辺を探すことにした。すれ違いざまに見覚えのある自転車。振り返り、よくよく見ると、間違いないー子の自転車と同じ物だった。


「あ・・・」


声を出そうとしたが、口がパクパク金魚のように動くだけで発声出来ない。ただ遠ざかる自転車を見送るだけで、でくの棒のように突っ立っている私がいた。
はっと我に返り、小走りに追い掛ける。ピンクのワンピース。その小さくなった背中は、通りの突き当りを右に曲がって見えなくなった。
私も同じく右に曲がる。そして例のスーパーに出た。ビンゴだった。駐輪場には自転車が停めてある。近くに寄って確認すると、確かに子の名前が書かれていた。
大急ぎで自転車を持ち、その場を去った。そこで待ち伏せしていれば、犯人と鉢合わせする可能性は高かった。しかし、待ち伏せしてその子を叱りつけるだけの度胸もなければ気力も無かった。 ただ、自転車が見つかっただけで十分だった。
ピンクのワンピースにポニーテール。しばらくは、そういったスタイルの女の子を見掛ける度、そわそわ落ち着かず、胸のもやもやが増すだろう。






スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR