にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

中途半端な招待状

スポンサーリンク





100円ショップでハロウィングッズをあれこれ購入した。
重い腰だったが、いざやろうと店内を回れば、案外楽しい気分になる。何より、子が嬉しそうにかぼちゃ柄の紙皿やコップ、また飾りつけ用ガーランドやお菓子を入れる小袋などを物色している姿に、私まで嬉しい。
まだ誰に声を掛けた訳でもないのに、恐らく子の中で呼ぶ子は決まっているのだろうー、人数分、数えながら商品をかごに入れていた。
なんだかんだで、1000円弱掛かってしまった。これにお菓子代ー、とはいっても、大袋のクッキーやチョコレートなど、家計の負担にならない程度の物を選ぶつもりだが。

自宅に戻り、子は、色画用紙を取り出して工作を始めたーと思ったら、それはハロウィンパーティーの招待状だった。
器用に、かぼちゃ型やおばけ型の切り絵を作り、そしてキラキラ折り紙は☆型の穴あけパンチを使い、大量に作った☆をカードに乗せる。
ぱっと見、6人分。招待するのには少々多い気がしたが、それでも許容範囲内だ。実際、誘ってみたところで全員が全員来られる訳でもないだろう。

本音では、みこちゃんだけが来てくれて、以前のようなささやかでも気の置けないパーティーがしたいなと思ったが、それはそっと心に仕舞う。


「仮装・・どうしようかな。」




スポンサーリンク





子は、以前購入したプリンセスドレスを持っているが、皆の前でそれを着るのは恥ずかしいと言った。実際、もうサイズアウトして着られなくなっているかもしれない。それ程、この1年で子の身長はぐっと伸びたのだ。


「ハロウィンといったら、仮装だよね・・」


「持ってない子もいるだろうし・・簡単な仮装でいいんじゃないの?百均の帽子とか杖くらいで。」


実際、そういったパーティーに参加したことが無いので、何が正解なのか分からない。ばっちり仮装するのかしないのか、ドレスコードを決めるのは主催者側だ。


「それは、皆に聞いてからにしたら?」


ついつい口出しをしてしまう。
結局、日時と場所も皆に聞いてからにするということで、中途半端な招待状になってしまったようだった。




スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR