にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

建前と本音~打ち上げ

スポンサーリンク





子供会の防災イベントが終わり、しばらくしてからメールがあった。


【打ち上げのお誘い】


今回も、素敵ママからは「㏄」メール。しかし、この間のような落ち込みが無かったのは、しなくてはならないことを終えた安堵感によるものが大きいからかもしれない。
それでもすぐに、欝々とした気分に支配され始める。
打ち上げということは、飲み会か?
ラインをしていない私は、他に誰が来るのか分からないまま。私と同じくラインをしていない人は、準備をして来なかった2名の他にはいないようだった。
相変わらずの、「To」と「㏄」で、しかし人数は2名に減っており、当日来なかった人のアドレスは消えていた。私と同じく「㏄」の位にいた人。どんな人なのかも分からないままだった。
ため息交じりに、返信せずに思い悩む。何故なら、駄目な日程を教えてくれというものだからだ。もう勝手に日程を決めて欲しい。それからなら、夫がいなくて都合が悪いだとかあれこれ欠席理由を付けることが出来るのに。
すぐに、「To」の人からの返信。


「先日はお疲れさま~^^準備に参加しなかった分際でアレだけど・・打ち上げは参加しても良い?図々しいかな~駄目な日は・・・」




スポンサーリンク





本音なのか?体裁なのか?それでもこうしてすぐに前向きなレスポンスを送ることが出来るのだから、私とは正反対の人種だと思う。もし後者だったとしたら、コミュニケーション術に長けている人だとも思う。
私のようにクヨクヨ悩み、いつまで経っても返信出来ず、結局心は欠席に傾いている人間の気持ちなど、到底素敵ママや彼女のような人々に分かりっこ無いに決まっていた。


子は、まだ3年生だ。そして、6年生で終了では無い。中学も公立ならば、このメンバーと少なくとも関わることが出て来るに違いない。しかし・・・夫の転勤が決まれば、こんな努力なんて全ては水の泡ー。
それでも、大人しく、何を考えているか分からない母親のレッテルー、それを払拭する最後のチャンスになるかもしれないと思うと、すぐに欠席とは決められなかった。素面では出来ないのなら、酒の力を借りるのだ。まだ、飲み会だとも決まっていない、ランチ会かもしれない打ち上げなのに、そうやって自分を鼓舞する。
もう、「ママ友を作りたい」という欲求は消えていて、しかし、「不気味な人」「挙動不審で薄気味悪い人」という印象を覆したい気持ちはまだ寸分だが残っていた。
唯一、普通に話せると思っている素敵ママがいるのだ。これは、チャンス、チャンスに違いない。
段々前向きになっている自分に気が付く頃、既にテーブルの上には1本の安ワインが空いていた。




スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR