にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

されどランチ

スポンサーリンク










たかがランチ、されどランチ。
子が小学校に上がり、そういった煩わしさから逃れていたはずなのに、ついこの間のことのように記憶が蘇る。
これまでだって、ランチに一喜一憂して来た。
まいこちゃんママとのランチ、Yさんとのランチ、上がったり下がったりのシーソーのような忙しい感情の動き。
素敵ママが窓口でなければ、迷うこともなかっただろうし、あの場で偶然出くわし面と向かって誘われなければ、ここまで思い悩むこともなかったろうと思う。
勢いで、つい「イエス」のメールを送ってしまったのだった。しかも、非常識な時間帯。

夫が飲み会で午前様だった昨夜、買い置きの安ワインを空けた。最近、酒量が増えている気がする。とはいってもコルクではないワインードラッグストアで買った299円のワイン。
一番コスパの高い飲み方は、スーパーでセールになっている80円代の缶チューハイ、度数は8%以上のものを飲み干してから、安ワインをグラス数杯。
これでネガティブな心がふわふわと宙に浮き、一旦、どこかへ遊びに行ってくれる。代わりに、いつもの私ではないー脳内でいつもくすぶっている「なりたい私」が、どこからかふと現れる。 素敵ママへのメールを送ったのも、勿論その時の私だ。
翌朝になり、おぼろげな記憶を辿り携帯を開くと、案の定、素敵ママ宛の「送信済み」メールに愕然とした。




スポンサーリンク





高い会費を払い、憂鬱な気分で数時間を過ごす。何と不毛なー・・
全ては子供の為ーと言い聞かせる。
それでも、子が鼻をすすっているだけで、熱があるのではないかとバタバタ体温計まで差し出す始末だ。小さな液晶画面に表示された至って正常な数値を目にし、キャンセル理由を他に探すが思い付かない。


「ママ、心配し過ぎ。」


私の行動の裏を知らない子は、過保護過ぎる母親だと信じて疑わないのだ。 私が本当に心配している「コト」を、子が知ったならー、こんな母親を持って恥ずかしいだろうと思う。 いや、恥ずかしい母親から脱出する為の試練だ。そう思うことで、ドタキャンメールを送信してしまいそうな心を封じ込めている。




スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR