にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

売れ残りパン

スポンサーリンク










スーパーのタイムセールで、特売の牛乳と卵を買う。ついでにと、半額シールの貼られたパンをかごに入れた。スーパーの中に併設されているパン屋なのだが、前日の売れ残りを安く販売してくれるのだ。
しかし、その隣で同じ種類の同じパンが、定価で売られている。焼きたてのポップが商品の手前に置かれており、香ばしい匂いが周辺に立ち込める。
店内にいる数人の客は、躊躇なく「焼きたてパン」をトレイに載せる。誰も、前日の売れ残りパンに手を伸ばす者はいない。


子が一緒だったならー
すぐに食べるパンだったならー


定価のパンを選ぶだろう。
けれど、どうせ明日の朝食べるのだ。夫は和食だ。子と私の分だ。トースターで温めれば大丈夫。
そう言い聞かせながらも、こんな小さな葛藤を抱えている自分がちっぽけに思える。買い物をする時に、本当に欲しい物を買えているだろうか?
答えはノーだ。常に値札を気にし、割引シールの貼られた商品を探し、買い物かごに入れたり出したりを繰り返し、結局は安物を買う。
虚しくなって、自宅に戻り、戸棚に大切に保管してあるネックレスを出して眺めた。購入してから殆ど付けてないそれは、こんな時に使う為に買ったのかもしれなかった。 「本物」の輝きを眺めているうちに、気持ちもすっかり落ち着いた。

私は「持っている」人間だ。
夫だって子供だっている。親はまだ介護を必要としていない。借金だってー家の経済事情は夫任せであるが、恐らくないだろう。
衣食住、困ることも無い。
ダイヤモンドの輝きは、いくらか私に「自信」を持たせてくれた。

それでも、パンに貼られた半額シールをそっと剥がす。ゴミ箱に放り込まれた派手な色のシールは、いつまでもチカチカした残像で私の中に留まり、消えることはなかった。




スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR