にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

偽装工作

スポンサーリンク










秋支度ーと、温かいルームソックスと厚手のストールを購入した。隣町の雑貨屋で、ルームソックスは半額の250円、ストールも半額の500円という破格の値段。
ストールは、私が使わない時は子が使っても良いし、勉強する時のひざ掛け代わりにしても良い。ソファーにブランケット代わりに置いていても馴染むノルディック柄で、見た目も暖かだ。
自宅に戻り、早速ストールをソファーに掛けようと値札を取る為にハサミに手を掛けて、そのままそれを元に戻す。値札は取らずにそのままソファーに置いた。


「ママ~、これ可愛いね!買ったの?」


3年生女子は、可愛いものに目が無い。学校から帰宅するとすぐさまそれにくるまり、ごろごろし出した。


「これ、ママの?〇〇の?」


「〇〇が使っていいよ。一緒に使おう。」


「うん!あったかーい!」


そのまま録画してあるバラエティを観たり、DSをしたりして、うたた寝をしてしまったようだった。




スポンサーリンク





夫がいつもより早く帰宅した。


「これ、買ったの?」


子からあった質問とまったく同じものだというのに、何故こうも緊張感が走るのだろう。 予想通りの台詞。そして、値札を付けたままで良かったと安堵する。ソファーに座りながら、やはり値札を裏返している夫を見付け、少しの嫌悪感が湧く。
流石に500円の値段をー、しかも半額シールの付いているそれを目にした夫からは何のお咎めも無かった。それに、私の服飾では無いと思ったのだろう。念のため、


「〇〇のね、勉強する時のひざ掛けに良いかと思って。」


子も使うことをアピールする。夫がそれ以上追及しないと分かった途端、安堵したのと同時にもやもやした気持ちに支配され始めた。
500円のストール1枚で、こうも細工しなくてはならない不自由。なら、働けば良いのかもしれないが、夫の海外赴任の話を聞いてから、その気力は正直失せていた。
これ以上、人間関係で悩むのは馬鹿らしい気もしたのだ。
ルームソックスに付いていた半額シールと値札を取って、捨てずに引き出しに仕舞った。何かの細工に使えるかもしれない。
250円のーニットだとか帽子だとか。リサイクルショップで買ったのだと言えば、個人的な秋支度にいちゃもんを付けられることも無いだろう。
最近、苛立っているように見える夫の気分を逆撫でしないよう、細心の注意を払い続ける努力を惜しまないようにするのが日課となっている。




スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR