にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

毛玉だらけの彼女

スポンサーリンク










残すところわずかのダンス教室。
久しぶりに野田さんにばったり会い、挨拶ーからの少し立ち話。
ぱきっとしたグリーンのニットは、毛玉だらけで気になる。しかし、彼女はそんなことは全く気にしていないようだった。


「ここ、辞めることになりました。」


一応、知らせておくべきかと思い、彼女に告げた。


「え?そうなの?なんでなんで~?」


彼女の瞳の奥に、どこか野次馬的な愉しそうな気持ちが読み取れる。


「娘、飽きちゃったみたいで。」


「ふうん、そうなんだ。」


今度は詰まらなそうな顔。トラブルで辞めると言えば食いつくのだろうか?


「今日も、下の子の幼稚園のお手伝いと、上の子の学校のボランティアで疲れちゃった~ボランティア、任意だって知らなくて申し込んじゃったんだよね。強制的なもんだと思ってたら、やってない人結構いるんだよね。OOさんは?」


痛いところを突かれたが、素直にありのままを答える。もう、彼女と話すのも最後かもしれないと思えば、今更恰好つけることもないのだ。


「働いてなくっても、下の子がいなくっても、やらなくて済むんだね!」




スポンサーリンク





満面の笑みでそう言われ、若干嫌味なのか?と思ったが、しかしそうではないらしい。その証拠に、そこから先は突っ込んでは来ず、自分の話ばかりし始めたからだ。
結局また、お得意の自慢話だ。


「ボランティア、2つ掛け持ちしてるんだけどさ、なんだか皆意気投合しちゃって。飲み会、毎月やってんの。幼稚園でもちょいちょい飲み会があるからさ、旦那に子供ら預け過ぎって怒られちゃった。ランチだけでもいいんだけど、やっぱり飲み会の方が色々本音話せるしね!でも、流石に今月は既に2件の飲みと3件のランチが入ってたから、金欠だよ。」


「すごいですね・・」


「年末になれば、忘年会もあるしクリスマスパーティーも色々しないとだし。本当出費が大変!専業主婦って結構交際費掛かるんだよね~働いているより掛かるかも(笑)」


「野田さん、楽しい方だし、色々なところで引っ張りだこなんでしょうね。」


笑顔でー、しかし、心の中では能面の私。本当は棒読みで言いたい台詞だが、あたかも尊敬するかのような感情を込める。本当に、自分でも嫌になる程の演技派だ。
しかし、彼女は良い気分になった。単純な人なのだろう。そんな彼女が本音では羨ましかった。
他人の言動に対し、裏の裏を読む性格の私。彼女は正反対の人。褒められれば素直に嬉しがるし、けなされれば顔を真っ赤にして憤るのだろう。
彼女のことは最後まで好きになれなかったが、それでも、そんな彼女を可愛い人だと思った。


「あ、うちの子出て来た。それじゃあね!また!」


「さようなら。」


あのびっしりついた毛玉を、自宅にある電動毛玉取り機でごっそり取ってやりたくなった。それは、悪い意味でではなく良い意味で。
清潔感が大事だと思うのだ。彼女にそれがあれば、もっともっと人間関係の幅も広がるのではないかと思う。こんな私に言われたくないだろうけれど。





スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR