にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

自己満年賀状

スポンサーリンク



「はい、これ俺のところに交じってたやつ。」


そう言って、手渡されたのは一枚の年賀状。見知らぬ女の子の写真が何カットもポーズを決めており、一体誰だろう?と差し出し人を見て思い出した。
引っ越し前のママ友だ。とはいっても、いまだにランチをしたりと続いているママ友ではない、その場凌ぎの、引っ越してからは全く会っていないママの一人だった。
そもそも当時からそれ程親しくしているわけでもない、数人で子を遊ばせたりランチしたりする中でいたりいなかったりの人。
私が引っ越してからはさっぱり音信不通だったのだが、去年、思い出したかのように年賀状を寄越して以来、今年も引き続きそれは届いたのだ。
自慢の娘なのだろう、彼女自体もどちらかと言えば派手な印象だったが、キッズモデルコンテストで賞を貰った娘ばかりに何カットも割かれており、もう一方の兄弟はたったの一カットというのが他人事ながらも気になる点だった。




スポンサーリンク





「それって、誰?タレントの○○と一緒じゃん。」


夫が尋ねる。その子の隣には芸能人も写っていたからだ。てっきり、合成写真かと思っていたのだが、ご丁寧に「○×雑誌、○月号掲載」と記載されている。いちいちそれを見て、バッグナンバーを探し出したりすることなどないけれど、少しだけ気になってその子の名前をネット検索掛けてみた。 すると、予想に反してずらーっと名前と写真が出て来たのだ。しかも、母親である彼女の写真まで。芸能界にでも入れるつもり?と思ってしまう程。


「OOが赤ちゃんだった時のお友達。美人だよね。」


「ふーん。」


夫は大して興味も無さそうに、自室に引き上げる。私の視線は再び年賀状に戻る。そして、やはりもう一方の兄弟を不憫に思ってしまうのだ。そして、そういった比較対象をする必要の無い一人っ子は、なんて気楽なのだろうと胸を撫で下ろすのだ。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR