にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

転勤族の妻達

スポンサーリンク





この時期、転勤などで引っ越しが決まる家族も多いと思う。そういった不運(一概にそうとも言い切れないが・・)にぶち当たった母親らのネット書き込みを、最近頻繁に目にする。
しかし、私は彼女らの書き込みを見て、自分はそれを免れたと胸を撫で下ろすことが無いに等しい。むしろ、新天地へ旅立つ彼女らが少々羨ましくも思う。
私も、一から見知らぬ土地で再スタートを切れば、生まれ変われるのではないか、そんな妄想に捉われるからだ。
引っ越し前の時のように、周囲に恵まれうまく行く可能性だってある。そもそも、この地に越して来てあの園に入らなければ、今私はここでこうしてパソコンのキーボードを叩いていたりはしないのではなかろうか。
素敵ママとまではいかないが、それでも普通に学校のボランティアや地域活動に参加し、人恋しい時は、数少ないが気の置けないママ友を家に招いたり招かれたりしつつ子育てやお互いの夫の愚痴を言い合う。
そんな、ささやかではあるが楽しい時間を過ごせていたかもしれなかったのだ。




スポンサーリンク



この時期、転勤族の妻達に、ある種の共感を持つ私。彼女達は、それまで築き上げてきた関係や住み慣れた街に別れを告げ、新しい環境に果たして馴染めるかどうかという不安感と戦っているに違いない。
そして私も、越して来て5年目という、普通ならば住み慣れた地とも言うべき環境下で諦めに近い感情を持ちながらも、往生際の悪さも手伝ってか焦りや不安感をいまだ抱えている。不安感という共通項に吸い寄せられるのだ。
不安感を抱える人間は、同じく不安感を抱える人間に惹かれるのかもしれない。
しかし、私は知っている。彼女ら転勤族は、結局のところ「引っ越し慣れ」しているのだ。友達を作るのも早い。そして、ある意味執着しない時点でドライな面も持っている。その加減が丁度良く、人付き合いを円滑にさせているのだろう。
距離感ーというやつが上手いのだ。すっと輪に入り、すっと出て行ける。それでいて嫌味も無ければ、根本にはプラスのオーラがある。何しろ、生活を楽しむ余裕がある。
そう、余裕があるのだ。私の一番足りないもの。
そして、この地にも同じく越して来る家庭があるだろう。最初は不安で孤独でも、すぐに周囲と打ち解ける。そして、私を越えて行くのだ。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR