にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

4月行事の鬱ごと

スポンサーリンク





子供会のお手伝い。春休みに誘われたのだが、実はドタキャンしてしまった。あのー、集会所からぞろぞろ出てくる仲良さげなママ連中を思い出すと、あの輪の中にどうしても自分が入って行けるだけの度胸が無かった。 実際、生理になり腹も痛く、それを理由に断った。体調不良といえば、角が立たないーそう思ったからだ。
しかし、断った後はずっと悶々としていた。
馴染めなくても一人ぼっちでも、とにかく子の為、そして自分の為にも逃げるべきではなかったと思った。後悔しても、もう遅い。
それに、最近ではそんな親の動向が分かるようになった子への影響を考えても、このままでは良くないと思った。
何より、仕事もせずただ家に引きこもり、面倒な仕事を忙しい他の母親達に押し付けていながら、孤独だ寂しいだ、ひとり鬱になっている自分が、嫌で嫌で仕方が無かった。
不器用でも恰好悪くても、やるべきことをこなしていれば、いつか光が差すのではないかー、集団の中の孤独は酷く辛いけれど。そのチャンスを自ら逃しているのではないだろうか。
もうじき1年生を迎える為の会をするらしく、子を含む高学年とお手伝い可能な母親らで準備をすると回覧が回って来た。子は、それを見て迷っているようだった。


「ママは、行く?」




スポンサーリンク



本音では、気が進まない。しかし、私が行くなら子も行くと言われて欠席する訳にいかなくなった。参加に〇を付けて、回覧を回す。もう、後戻りは出来ない。しかし今から憂鬱で仕方が無い。今回は、子も関係するのでドタキャンだって出来ない。
お手伝いといえば、敬語ママ経由で誘われたボランティアもあれっきりだ。再度、電話を掛け直す勇気が無かった。しかし、新学期が始まり学校行事などで敬語ママにばったり会ったらー合わす顔が無い。 こちらの件も、何とか蹴りを付けなければ。
役員決めももうすぐ。
それに伴う懇談会が、今から憂鬱だ。何といっても、スネ夫ママらとがっつりあの狭い教室の中で顔を合わさなくてはならないことが何よりも辛い。同じ園出身で、それなのに顔を合わせても挨拶すらしない関係。傍から見たら、きっと異常。 でも、こういった時は顔の広さがモノを言う。どんなに互いが異常な関係性であっても、分が悪いのは私の方。どんなに理不尽でもおかしくても、この世界では社交性がものを言うのだ。
嫌なことが目白押しの4月。しかし、年間スケジュールを見ながら今月だけでは無くなったことを思い出し、気分は塞ぐ。 スネ夫ママ、引っ越してくれたらいいのに・・どうして好感を抱く人は次々に引っ越して行き、大嫌いな人間はずっとここにいるのだろう?もっと強い人間になりたい。誰に対してもフラットな。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR