にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

くれ騙し

スポンサーリンク





「連休だし、たまにはいい店行くか。」


夫からの珍しい提案。遠出をしない分、少し良い店で外食をすることになったのだ。これには子も大喜び。普段、家族で外食とくれば安いファミレスやファーストフード、またフードコートがお決まりの我が家。
そもそも外食をする頻度さえ少ない。平日休みが多い夫は、ただでさえ子と休みが合わない。なのでたまに休みが合えば義実家訪問もお決まりのパターン。
GWは、何日か休暇を取ることが出来た夫。今回は珍しくツーリングの予定も入っていない。1日は義実家、他は久々の家族サービスに充てる気になったのだろう。


「この店、どうだ?」


夫が私と子にスマホから見せてくれた店は、高級焼肉店。価格帯もチェーンの焼肉店よりも倍高い。次に見せてくれたのが、海の近くにある回転ずしでこちらも普通のチェーンのすし屋より割高だ。
そして、一人5千円程するホテルビュッフェ。これには子も食い付いた。いちごフェアのようなものがやっており、美味しそうなスイーツも盛りだくさん。チョコレートファウンテンが子は気になったようだ。
私はホテル自慢の焼きたてパンの数々が気になった。その場で焼いてくれるローストビーフも美味しそう。


「ここがいい!」


子も私も同意見。夫は満足そうに頷くと、ネットで予約を取ろうとした。しかし、少ししてから何か考える素振りを始めた。


「2時間で5000円か。時間制限あるのがちょっとな・・」


正直、2時間もあれば十分だと思う。子だって、もう4年生とはいってもそう何時間も同じ店に居続けるのは苦痛だろう。腹一杯食べてそれくらいの時間は割と丁度いい。店だってそのように計算したうえでの2時間だろう。


「3人で、1万3000円か・・・これ、どう思う?」


私に尋ねる。夫の表情でどのように答えるのが正解なのか、10年以上も妻をしている私には、悲しいことに分かってしまう。




スポンサーリンク





「高いね。もっと、他のところでもいいかも。」


夫はその答えを聞いて、満足そうに頷く。子は、明らかに不満そうな顔をするけれど、表向きには「パパではなくママが最終決定した」風になっていることもあり、私を見上げてため息をついた。


「チョコレートファウンテン、やりたかったよ。」


「我儘言わないの。他の店、探そう。」


「連休は、いい店はどこも予約で一杯だな。やっぱり、今度にしておこう。」


本当なのかどうか分からないけれど、どこかの店のネット予約画面が満杯だったらしく、その他の候補の店もきっとそうに違いないということですべてがおじゃんになった。
急に金が惜しくなるーいつもの夫の癖だ。最近は仕事が忙しく、そんな機会も無かったけれど、昔はよくあった「くれ騙し」。
あげる素振りを見せておいて、こちらが喜んだ途端取り上げる。何度やられても気分が悪い。期待をさせるだけさせておいて、ぬか喜びで終わるのだ。
連休前に入っている色々な店のクーポン付広告を品定めし、数枚私達の元に持って来た。


「これなんか、いいじゃないか。あと、これも。」


「うん、いいね。」


結局は、毎度お馴染みの店。デザート199円程度の店。それでも、家で作らなくて良いのならよしとしよう。そう気を取り直し、本音を腹に隠して笑顔を二人に向けるのだった。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR