にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

飛ぶ万札

スポンサーリンク





月に一度の歯科矯正。
先日、30万支払いを要求されたこともあり、当分はもうないだろうと安心していた。
しかし、歯科医が、子のレントゲンを見ながら頭をひねっている。


「うーん、どうしようかな。うーん、やっぱり作った方がいいかな。」


ーえ?作る?この間、新しいブリッジを入れたばかりだけど。


内心、動揺するが表に出さないようにするのに必死だ。


「今、使用しているマウスピースですが、もうこんなに小さいので作り変えた方がいいかもしれません。」


先日のは、固定の矯正器具。それが30万掛かったのだが、今度のは毎晩寝る際装着するマウスピースだ。こちらの上側がサイズオーバーらしい。


「まだ下は大丈夫です。ただ、上がね、もうほら。」


そう言いながら、持参して来たマウスピースの上部分を子の歯にあてがうと、確かに一部がずれて浮いている状態だ。夜のマウスピースの装着は、本人にやらせているので気付かなかった。


「どうします?」




スポンサーリンク



そう聞かれ、NOと答える親などいるのだろうか?有無を言わせない、けれども社交辞令的なお伺いを立てるのは、私の表情を意識してなのか?明らかに、夫にまた支払いの催促をすることを思うと憂鬱で、それがついつい顔に出てしまったのだ。


「お願いします。」


歯科医は満足そうに頷くと、後は受付で詳細を聞いてくれと言い子に向き直った。
私の頭はクラクラしていた。そして、受付で説明を聞き、サインを書き、その横に並んだ数字を見てまた頭がクラクラした。


ー5万・・・


こんなに掛かるとは思わなかった矯正代。当初、これを自分の内職だけでやろうとしていたのだから、いかに自分が無知だったのかを思い知らされる。しかし、一つだけ良いこともあった。
学校で行われた歯科検診で、子がこう言われたらしい。


「歯並び、良くなってますね。この調子で頑張ってね。」


湯水の如く金が飛ぶ度、夫の言うようにこの歯科医院は大丈夫だろうか?という気持ちがあったのも事実。しかし、このままで良いのだと違うところから太鼓判を押されたことで、不安感は無くなった。
後は、夫の機嫌の良い時に金の催促だ。
今日は、夫お気に入りの銘柄ビールと好物のメニューを作る為の材料の買い出しに行くことに決めた。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR