にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

振替休日

スポンサーリンク








学校行事の関係での振替休日。
相変わらず、子は誰とも遊ぶ約束をするでもなく、家にいる。しかし、ピアノを始めたことでだらだら手持無沙汰を埋める為にゲームをし、時間を無駄にすることは無くなった。
気分転換にー、とはいっても、私自身のでもあるけれど、外に誘った。ぷらぷら本屋などを回り、ちょっとお茶でもしようと思ったのだ。
駅前のショッピングモール。正直、顔見知りがいる可能性が高いので億劫だったが、しかし子がそこを指定したので従うことにした。
世間は平日。なので、モール内はがらんとしている。


「あ!OOちゃん~」


すれ違いざま、声を掛けられた。まいこちゃんママとまいこちゃん、それに妹の3人。声を掛けて来たのは、まいこちゃんではない、ママの方だった。まいこちゃんは、チラッと子に視線を向けるが挨拶をしようともしない。
ついこの間まで、一緒のダンス教室で和気あいあいとしていたはずなのに、そこから抜けたー(正確に言えば置いて行かれたのだが・・)子の存在は、まいこちゃんにとったらどうでも良い存在のようで、子は逆に気まずい表情。
無邪気に挨拶をし合う関係は終わったのか?これが、高学年女子の扉なのだろうか。


「これから、クラスのお友達親子とカラオケ行くんだ。OOちゃんも知ってるかな?桜子ちゃん。同じクラスになったことある?それと、ありさちゃん。振替休日だし、皆暇なんだよね。カラオケも平日なら安いしね。」




スポンサーリンク



聞いてもないのに、ペラペラと。子の感情の動きが気になり、会話に集中出来なかった。


ー寂しがってないだろうか?


ー羨ましがってないだろうか?


「そうなんですね。」


まいこちゃんママは、口には出さないが、「あなたたちはどちらへ?」とでも聞きたそうな表情を見せた。勿論、私達親子は私達だけでという確信を抱いた上での問い掛けだ。 実際、聞かれる前に、


「じゃあ、また。」


軽く会釈をしてその場を離れた。
恐らく、これから待ち合わせ場所へ向かうのだろう彼女らの後ろ姿は浮かれており、隣に立つ子の表情が気になり何気なく視線を落とした。やはり、少し、沈んでいるように見えた。


「ねえ、何か食べたい?」


「・・・甘いもの。」


答えてくれて良かった。何も要らないと言われたらどうしようかと思った。気を取り直し、クレープ屋へ行った。いつも頼むチョコバナナホイップに、今日は特別バニラアイスもトッピングして。
私は何も頼まなかったが、子が美味しそうにクレープを頬張るその顔を見ているだけで、先ほどの切ない気持ちが少しだけ薄れた。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR