にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

支配ではなく心配

スポンサーリンク








夫は子に甘い。
小さな頃からそうだった。ガチャガチャをしたいと子が叫べば、すぐにほいほいコインを渡した。
それは、今でも。
子がねだれば、DSでもピアノでもタブレットでもすんなり金を出す。
ちょっと出掛けて来るといい、午前中の家事がまだ終わらない私を残して、夫と子は車でどこかに行ってしまった。本屋か何かだろうと思い、すぐに戻るかと思えばなかなか帰って来ない。 しばらくして夫の携帯からー出ると子の声。


「お昼、要らない。パパと食べて来る。」


そばと素麺を茹でて準備していたのにー、直前での飯キャンセルは仕事の時だけにして欲しい。
二人が帰って来ないと分かると、私の家事スピードは途端に遅くなり、通常の2倍掛かる程。のろのろと掃除機をかけ、トイレ掃除をし、洗面台を拭く。


「ただいまー!」


二人が帰宅したのは、3時を過ぎた頃だった。子の両手には、抱えきれない程の袋。


「パパに服とバッグ、買って貰っちゃったー!」


子は、嬉しいのだろう、袋からそれらを取り出すと私に見せる。しかし、それを見て私は複雑な思いだ。
恐らく、夫は一切子の選ぶ服に口出しをしなかったのだろう。私がいたら選ばないーいや、選ばせない服ばかり。要するに、露出が激しい服ばかりなのだ。
今、流行りのオフショルダーというもの、しかし、なんだか襟ぐりの空きが大き過ぎる気がする。
また、トップスもやけに短く、へそが出るのではないか?と不安になる。


「試着、したの?」


「うん、したのもあるし、しないのもある。」


「パパは、見てくれたの?」


「あんまり。パパはスマホばっか見てて、お金払う時だけいたよ。」


「・・・・・」




スポンサーリンク





ボトムのショートパンツは、本当にショート過ぎるのと、ペラペラの生地なので肉感を拾い過ぎ、これを着せて外を歩かせるのは勇気がいる。年頃の娘に、こんな服を着せていれば、「親の顔が見てみたい」と言われかねないーそんな服ばかりだった。


「ちょっと、こういうのは外では着ない方がいいと思う。へんなおじさんとかが寄って来ちゃうよ。」


「えー!?折角買って貰ったのに、なんでなんで!?」


「なんなんだよ、一体。」


夫が自室から出て来て、あからさまに不機嫌な表情を見せる。まるで、私が空気を読めていないーそんな風に二人の視線はうんざりしたものだった。


「OOが着たいって言ってるんだろ、いつまで親が服を選ぶんだよ?そういうの、支配的って言うんだよ。」


ーどの口が言う?モラハラのあなたに言われたくない・・


悔しい気持ちをぐっと堪え、しかし母としてここは引くべきところでは無いと思い直す。
なんとか子を説得し、オフショルは、薄手のカーディガンを羽織るならOK、またショートパンツも、ロングジレのようなものを羽織るのならという条件付きでOKすることにした。
これは、支配的だろうか?ただ心配なのだ。体付きが女性のそれに変わりつつある我が子。自覚が無いだけに、親である私が危険から守るしかないのだ。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR