にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

イメチェン

スポンサーリンク








暑くなり、無性に髪を切りたくなった。
中途半端なセミロングではなく、思い切ってベリーショートに。
なんて、小心者で気にしい、そして自意識過剰な私にそんな勇気は無い。誰に見られるでもないのに新しい髪型に挑戦することが出来ず、もう10年以上。
書庫を整理していたら、昔の写真が出て来たのだ。学生の頃のもの。それを見て、子に言われた一言が案外心に刺さっている。


「ママ、昔からずっとこの髪型なんだね。顔だけがおばさんになったけど。」


20代前半の頃に撮ったそれは、今と同じくボブ。しかし、この頃は働いていたこともあり今のようにセルフカットなどしていなかったのでそれなりに見える。
やはり、プロの美容師がカットするそれと、素人がするそれとは雲泥の差。トリートメントもしっかりしているので艶やかだし、控えめだがカラーリングもしている。ボブだけれど、洗練された風にも見える。 それに、年頃の子はすぐ気付く。


「なんか・・同じ髪型なのに昔の方が可愛い。今は・・戦争時代の人みたい。さっちゃんのかげぼうしだっけ、あの時代の子供みたいな髪型。」


要するに、「ダサイ」ということだろう。分かってはいたが、ショックだった。やはり、安くてもプロに切って貰った方がいいのか。
それでも、あの鏡にうつる自分ーたるんで四角くなった顔にタオルを巻いて、てるてる坊主みたいなスモックをかぶり、無防備な姿で美容師と対峙しなければならない時間は、正直言って、苦行以外のなにものでもない。
それに金を払うと思うと、少しくらいおかしくてもセルフカットの方がメリットが大きい気がする。
やってみたい髪型ーベリーショートや巻髪ロング、サラサラストレートロング、ゆるふわセミロング。しかし、知人に二度見されることを想像してしまい、結局いつもの髪型になってしまう。 自分で自分を自由に出来ないのだ。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR