にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

アタリという名のハズレくじ

スポンサーリンク








疲れた気分を癒そうと、本屋へ行った。
買わなくても、ただ背表紙を眺めて気になる本を選び、パラパラページを眺めることに安らぎを感じる。
それは、本屋に限ったことではない。
輸入食品店で、無料サービスのコーヒーを貰い、それを手にぶらぶら店内を歩く。様々な国のお菓子や調味料、珍しい食品を眺めることもストレス発散に繋がる。
子ども会の集まりは、やはり苦痛だった。

秋の運動会、町内会で行うそれに子ども会としても参加が義務づけられているのだが、子供はまだしも大人の出場する競技にばらつきがあり、特に責任重大なリレーや徒競走は例年集まりが悪く、最後はくじ引きらしい。 私は今まで逃げていて、子が子ども会に入会していながらも、そういった面倒ごとー親も競技に参加しなくてはならないことが心底苦痛で、なんやかんやそれらしい予定を入れて逃げて来たのだった。 そのツケが回って来た。
運動音痴の私。皆が注目している中で醜態を晒すこと。耐えがたい苦痛。
しかし、くじを引いてしまったのだ。要するに、走る人員として。しかし、これは「誰か知り合いを引っ張って来る」というノルマ。ただ、そのノルマが達成出来なければ自分が走るしかないというもの。 たった一人ー、しかしその一人をどこで見付けて来たら良いのだろう?
こういったことは、顔が広い素敵ママだったり会長がしてくれたら良いのに・・わざわざそれを選出する人員を更にくじ引きで選出するのだ。
赤い棒を引いてしまった時、あぁ、これは私が走ることになるんだと思ったし、周囲もきっとそう思ったに違いない。
そう思われていることに惨めな気持ちになったし、運動神経も無ければ人望も無い自分を、わざわざ皆の前で露呈しているようで辛かった。いつまで続くのか、このママ社会。顔の広さとコミュニケーション能力だけが物を言う世界。

この世界では、常識だとか誠実さだなんて二の次だ。気の重い問題を前に、すっかり気持ちはささくれ立っていた。
一旦、この課題を持ち帰ったものの、悶々とした気分を晴らすべく、今日は駅前のモールを徘徊していたのだった。
お腹が減ったので、ファーストフードを持ち帰り、自分がそのおまけに惹かれて子供用のセットを頼んだ。

子が帰宅すると、すぐにそのおまけを見付けて遊びたがったのは意外だった。もう、こんなものは卒業していたと思っていたのに・・
二人でテレビを観ながら、ああだこうだ言い合ってそれを組み立てている間は、問題から逃れることが出来た。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR