にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

絵本と夢

スポンサーリンク








スネ夫ママらが入っている学校ボランティアのイベント日。
この日は、絶対休みだろうと例の図書館へ行くことにした。隙を突いてーというのが自分でも情けなく惨めな気分だが、それでも心の安定を選ぶならば致し方が無いこと。
気温が高い割に、湿度が低いことで清々しい日中。自宅に籠って一人ヨガをするよりも、こうして自転車を漕ぐことの方が心身の健康を保つ気がした。

久しぶりの図書館。いくつもの大きな窓からふんだんの光が取り込まれ、相変わらず明るくて清潔、そして温かな静けさ。
入館するとすぐさま、カウンターにスネ夫ママらの姿を探すが、気配が無いことに安堵し更に足を進めた。
予めネットでリサーチしていた書籍を数冊探すが、どれもこれも予約が必要だったり貸出中で在庫は無く、背表紙だけ見て決めた2~3冊を持ち、ソファーに腰を下ろす。
パラパラページを繰り、しかしどれもものの数頁で本の世界に入り込むことが出来ず、結局元の棚に戻してしまった。

子が読みそうな本でも探そうと、子供コーナーへ行くと、絵本コーナーを通り掛かる。
そこで、懐かしい一冊に再会した。松永みよこさん作の「いないいないばあ」だ。
独特なタッチで描かれたイラストに、子供なら誰でも喜ぶだろう、小気味良いセンテンス。何度も何度も読み聞かせたくなる、そんな絵本。
まだ赤ちゃんだった子に、何度も読み聞かせた本。この本で、子が初めて本という本に向かって笑い声をあげた、大切な一冊だ。
パラパラ捲ると、あの頃の思い出がぶわっと押し寄せ、何故か涙が零れ落ちてしまった。その他にも、ノンタンシリーズだとか、色々。子に読み聞かせた絵本を何冊も抱え込み、何故かそれらを借りていたのだ。

子が3歳くらいまでは、読み聞かせ日記のようなものをつけていたことを思い出す。そして、そのリストにあったそれらを、学校から帰宅した子も懐かし気に手にしていた。
その姿を目にしていたら、子に買ってやった絵本を、もう読まないだろうとバザーや古本屋に出し、捨てたことを心底後悔した。


「私、絵本作家になりたいんだよね。」


突然、子が言い出した。そんな話、聞いたことも無かったので驚いた。学校でも、何冊か絵本はあるらしく、流石にそれは小学生用の絵本だけれど、小説や漫画とは違うその世界観が子の心のどこかを動かしたようだった。


「OOが好きだった絵本、今度借りて来て。大きくなったから、また読んでみたらあの頃とは違って面白いかも。」


どこまで本音か分からないし、思い付きなのかもしれないけれど、やはり取っておけば良かった・・そして、無性に捨ててしまったけれどその懐かしい絵本を手に入れたくなった。子はもう既に10歳だというのに・・
明日は、古本屋に足を運ぼう。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR