にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

金の催促

スポンサーリンク








子供には、金が掛かる。
分かっていたつもりだが、最近それを強く実感している。
それでも、習い事はピアノとZ会だけだし、一人っ子。まだ他の家庭に比べればマシなのかもしれない。
毎月の定期検診に、歯科医院へ行ったのだが、またまとまった金が必要になったのだ。我が子の歯並びは、どうやら「特殊」らしい。


「まず・・レントゲン撮ってみましょうか?」


このレントゲン代が高い。奥歯を撮る関係から、横顔のレントゲン。これが2万。手持ちが無かったので、急いで夫にメールした。
翌日の支払いでもOKだということで何とかなったが、こんな時にいつも思うのが、自由に家計の金を引き出し出来たらということだ。
夫に催促するのも面倒だし、また渋い顔をされるのもストレスだ。決して、無駄遣いだとか私欲の為に催促している訳でもないのに、なんだかこちらが悪いような気がしてくる。 少ししてから、夫より返信。休憩時間だったのだろうか。


ー2万も?そのレントゲンは撮る必要があるのか?




スポンサーリンク




もう既に、子はレントゲン室に入って行ってしまったのでどうにもならない。その前であったとしても、歯科医にそんな質問など出来る訳もない。
だったら、夫が代わりに付き添って直接医師に尋ねて欲しいくらいだ。矯正について、専門的な知識を持たない私達は、医師の言うことを聞くしかない。


ー今後の矯正で、どうしても必要らしいの。一番大切な歯だから、きちんと矯正しないと他の歯にも影響を与えるって。


しばらくして、


ー分かった。


それだけ返信が来た。しかし、帰宅した夫からブチブチ言われることは大体予想出来る。それに対し、私は申し訳無いような低姿勢の対応をしなくてはならない。
レントゲン写真が出来上がり、歯科医から説明を受けた。そしてその後に、


「この結果の通り、もう少しサイズを変えた装置を付け替えないとならないですね。」


お馴染みの台詞、これに続くのが費用についてだ。そして、その費用は私の想像を遥かに超えた。また、数十万夫に用立てて貰わないとならない。
そして、先程2万を用立ててもらうことに労を費やしたこともあり、すぐにそれを夫に伝えることは出来なかった。分割であっても、毎月10万は支払わないとならず、まず最初にその期限が今月内。 やりくりのことだけで、家計のことにはノータッチの私。夫が渋るのは、単にケチだからなのか・・最近になって少しの不安感が湧く。
よく聞く、実は貯金ゼロでしたーだとか、趣味や株で失敗してキャッシングしてましたーだとか、そんなことは夫に限ってないだろうという確信が徐々に崩れ始めている。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR