にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ママ友認定?

スポンサーリンク








気分の落ち込みから逃れようと、真昼間からワインを飲んだ。体調が悪かったこともあり、久々のアルコール。
半分程ボトルを開けたところで、ふわふわして気持ち良くなったので、散歩に出掛けた。一応、誰に会っても飲酒していたことがばれないよう、マスクは必須だ。
マスクの時期になり、守られている気がする。マスクは、ウイルスから身を守るだけではない、人目からも守ってくれる。


「こんにちは!」


突然、背後から声。振り返ると、素敵ママと下の子だった。ちょっとした立ち話。酔っていたこともあり、ハイテンション。しかし、敢えてゆっくりと会話をする。
早口になり過ぎて、呂律が回らないことを防ぐ為だ。


「そうそう、これ、良かったら行かない?」


彼女が差し出した1枚の紙ーそれは無料クリスマスリース作りのお誘いというものだった。どうやら、集会所で行うらしく定員も決まっているらしい。


「定員4名なんだけどね、行ってみたくて。友達誘ってみたんだけど皆都合悪くて。一人で参加も考えたんだけどね、どう?興味ない?」


素敵ママからプライベートで誘われたのは、この地に越して来て初めてだ。途端に私は舞い上がった。そして、その日時は特に予定も無く、家にいれば相変わらず引きこもってソファーの上で携帯をいじっている自分が浮かんだ。



ーこれは、チャンスかもしれない。


二つ返事でOKした。彼女の表情がぱぁっと輝いた。


「良かった!じゃあ、講師の人にOOさんも参加って連絡しておくね。その紙はあげる。」


無料でこんな可愛らしいリースが作れるだなんて、そして、素敵ママとその仲間がいない空間で彼女を独り占め出来るなんて・・やっと私のことを「ママ友」というカテゴリーに入れてくれる気になったのだろうか?
そして、彼女が常に誰かとおり、一人ぽつんとしない理由が分かった気がした。そうならないよう、彼女なりにこうした声掛けなどもこまめに行っていたのかもしれなかった。私がそれを知らなかっただけでー
彼女と別れた後、散歩に行く途中だったというのに自宅に戻っていた。外気浴は出来なかったが、家の外に出たのは大きな収穫だった。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR