にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

大人のお年玉

スポンサーリンク








義母から、正月に遊びに行った際、子が忘れものをしてないかと連絡があった。聞き覚えのないDSソフト。
子に聞くと、気まずそうな顔で自分のだと言う。年末、「ママには内緒」ということで夫から買って貰ったのだ。
夫は子に甘い。そして、もうすぐ高学年になる子は、欲しいものがあれば父と母どちらに媚を売れば願いが叶うか習得済だ。
げんなりしつつ、義母と先日の礼ー、私としてはご馳走などの感謝の意を伝えたのだけれども、


「いいいのいいの、OOの為に使おうなんて思わないでね。あなたにあげたものなんだから。少しだけど自分の為に使いなさい。」


一体どういうことなのか?と話を合わせつつ探っていたら、どうやら私と夫にも「お年玉」があったらしい。


「お父さんがね、株でかなり儲けてね。使い道も無いし。仕事でもまだまだ頑張ってるしね。」


義両親の懐は温かい。そして、太っ腹だ。なので、三人娘は良い年なのに際限なく甘えるし、夫は長男兼末っ子として私の知らないところで援助金を度々貰っているのかもしれない。 まだ結婚したての頃、夫にそれとなく聞いてみたら、


「内輪のことだから。あなたには関係のないこと。」


ピシャリと、それ以上聞くのはNGなのだと思い知らされた。
受話器を置き、、もやもやが残る。一体夫は私達夫婦へのお年玉としていくら受け取ったのだろう?私に何の一言もなく、自分のポケットに入れたのか?
そもそも、自分方の親から受け取ったものなのだから、妻に断る必要性など感じていないのだろう。
それでも、義両親からしたら、嫁からは一言も礼が無かったことに「礼を欠いている」と内心憤りを感じているのかもしれなかった。
金が欲しいというわけではなく、情報が欲しい。夫婦での情報共有は、他所の家庭ではしごく当たり前のことではなかろうか?それでもやはり、いくら受け取ったのか気になるのと同時にそれを手に入れたいと思うのは、嫁として妻として、図々しい願いなのだろうか?




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR