にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

娘としての初仕事

スポンサーリンク








実家へ子と行って来た。一応、年始の挨拶。
勿論、夫は仕事だ。夫と親との狭間で右往左往せず済むので、その方が有難い。
狭い部屋だが、また物が増えていた。母には自覚が無いようで、それでも「終活」に精を出しているとのこと。
子にお年玉を貰い、私からもお年玉を渡す。


「あらあら、気を遣わなくてもいいのよ。」


そう言いながらも、叔母が従兄弟から度々小遣いを貰っていること、ハワイに連れて行って貰っていることなど羨まし気に語っているではないか。
親孝行な娘を持ってあの人も幸せねーと。
従兄弟に比べたら、私なんて親孝行の足元にも及ばないのだろうし、実際母は満足などしていないことも分かる。
何十万もするソファーベッドを買って貰っているとまた要らない情報が私の耳に入るのだから。
しかし、出来る範囲で。虎の子も年々少なくなり、内職だけでは追いつかなくなっているし、あれ程情熱的に取り組んでいたライター作業も最近ではぼちぼちといったところ。
それでも、最低1万円は稼ぐように頑張っているので、こういった出費だったり子や自分へのちょっしたスイーツを買ったり、また外食など夫に気兼ねなくすることが出来るので細々と続けて行こうとは思っている。
開口一番、母は夫や義実家のことを根掘り葉掘り聞いてくる。私は母が喜ぶであろう情報を、記憶を絞り出して伝える。


ー義父の体調が悪いので、そろそろ仕事は引退ではないか?


ー義母も、親戚がバタバタと亡くなっていて心細くなっているようで、家で塞ぎこんでいる。


実際は、義父は年末に風邪を引き、義母はその看病で家にいなくてはならなかっただけ。親戚が亡くなったのも一件だが、それは本当の話。 母にとっては、「あちら側」の両親が健やかに、楽しく優雅に老後を送っていることは面白くないだろうし、特に義母が精力的にサークル活動や地域活動に関わり、友達も多く四六時中家にいないことを知れば、自分の今と比較して苛々したり落ち込むに違いなかった。 私の母だから、そうなのだと思う。


「もういい年だからね。そうよ、出歩くよりも家にいた方が長生きするわよ!」


私が盛った話を素直に受け取り、そうやって詰まらない自分の毎日を肯定するのだ。「終活」に精を出していたことなどすっかり忘れて。
それからは、母の愚痴を一通り聞き、私への説教。子育てや妻としてあるべき姿など。


「近くに住んでれば、OOを見てあげたし、あんたも好きなことが出来たでしょうに。」


お決まりの台詞を締め括りとして耳に受け、私の初仕事も幕を閉じた。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR