にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

人との距離感

スポンサーリンク








眉間のしわが消えない。
どうやっても消えない。寝る前にクリームをたっぷり塗り込んで、保湿を心掛けている。
気になりだしたら、止まらない。日に日に溝が深くなっている、そんな気がしている。
40代になると、美人は顔の造作よりも肌のきめ細やかさだったりハリ艶だったり、またスタイルや姿勢にあるようだ。
そして、内面からにじみ出る印象は、メイクや服では誤魔化せない。
年を重ねるごとに、いかに活き活きと楽しく日々を過ごせているかが若さを保つ秘訣だ。
素敵ママは、その代表選手。いつ会っても隙が無く若々しい、そして、楽しそう。
朝、団地の清掃の為エントランスに出向くと、珍しく素敵ママがいた。ご主人が担当で羨ましく思っていたが、珍しい。


「今日はね、休日出勤。」


ほうきと塵取りを持ち、スウェットに上はボーダーカットソーとパーカーという私と似たような恰好なのに、垢抜けている。そして若々しい。
それは、頭のてっぺんに無造作に結っているお団子や、ピアスと華奢なゴールドのネックレス、すっぴんを隠す為の伊達メガネのお陰かもしれない。


「あ。おはようございまーす!」


「あら、今日、OOちゃんは?」


「お兄ちゃんに見て貰ってて。あ、明太子、美味しかった~ありがとうございます。」


近所の顔の利く先輩ママーもうママは卒業しているだろう、確か子供は成人している主婦だ。毎年、この団地の自治会本部の副会長を引き受けている女性。
素敵ママは、横の繋がりだけではない縦の繋がりも広い。私はここに越してもう何年も経つのに、この主婦とはすれ違えば会釈のみーそして、彼女から挨拶など返って来たためしがない。
そもそも、私が見えていないのだろうか?とまで思う。
ぺちゃくちゃと彼女らのお喋りの横で掃除を黙々とする。次第に、他所の奥さんも交じって世間話をしている。子供の世代も違う、それでも何かの話題で盛り上がっている。
私はそこに入れずに、ひたすらほうきを動かす。ふと、最近めっきり会わなくなった団地のお婆さんのことを思い出した。



ーどうしているだろうか?会いたい・・会って話したい。


ただ彼女は違う棟なので、こういう場で会うことは無い。ふらっと買い物帰りの道端で出会うくらいだ。


ー元気だろうか?


もうひと押しー、そのひと押しが私には足りない。
おはぎとアップルパイの交換までした彼女と、いつの間に疎遠になっていた。もっと押し掛けるくらいの情熱が人との関わりには必要なのだろうか?
しかし、私にはそれが出来ない。





スポンサーリンク




copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR