にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

参観日の休み時間

スポンサーリンク



子の授業参観があった。毎度のことだが、子の姿は見たいのに、学校には行きたくない矛盾と戦う。
いつものように、なるべく周囲を気にしないよう足元を見ながら、教室前にたどり着く。
低学年の頃は、同じ幼稚園卒同士で固まっていたグループも、4年生ともなるとPTAや他行事や習い事で関わりを持ったのか、流動しているような気がする。
保育園卒と思われる母親も、最初の頃は凛と一匹狼的な佇まいを見せていたのに、誰かに声を掛けられ楽しそうにしていたり。より一層、私の孤独感は増す。

授業参観が休み時間を跨ぐと最悪だ。20分程、手持無沙汰になる。教室から廊下に出された親達は、当たり前だが顔見知りを見付け会話に花を咲かす。
子供達は、それぞれの仲良しと校庭で遊んだり教室内にいたり。子は、例の仲良しと三人、楽しそうに外に出て行った。一応、私を見付けて手を振ったが、すぐに行ってしまった。
仲良しの母親を聞いて、挨拶でもーそう思ったが、その機会を逃した。
展示物を見るにもすぐ終わり、ただ一人ぼーっと寒い廊下に突っ立っていることは辛い。目の前で、楽し気な3人組の母親達、その斜め前に、親密そうな二人組。
子供を交えて賑やかに騒ぐ5人組。後ろに立っていると、まるで会話を盗み聞きしている風に思われそうで、そっと離れる。友達がいない学生が、トイレで弁当を食べると聞いたことがあるが、私もそこを逃げ場にした。 チャイムが鳴るまで、トイレの中で携帯をいじる。いつもは料金が掛かってしまうのでなるべく外では使わないように心掛けているが、我慢出来なかった。
どうでもいい芸能ニュースを眺めているうちに時間が経ち、休み時間終了のチャイムが鳴った。





スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR