にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

色恋沙汰

スポンサーリンク








胸の中のざわつきを抑えながら過ごした週末。
昨日は夫が休みだったのだけれど、義実家訪問も無く、久しぶりに家族水入らずの日曜日。


「ここ、汚い。ちゃんと洗ってる?」


ぼんやりしていたら、コーヒーの入っているマグカップについて指摘があった。慌てて言われたそれを見てみると、確かに茶渋が付いていた。
定期的に茶渋は専用スポンジで落としていたつもりだが、たまたまそのカップは汚れが落ちきっていなかったのだ。
その他にも、掃除だけではなく料理についてもいちいち文句を言われた。野菜の切り方だとかーこれもたまたま包丁の切れが悪く、味噌汁に入っているネギが少々連なってしまったのだ。


「雑だな。」


そう言い残すと、散歩に行くと言って外に出てi行ってしまった。そのまま昼過ぎから夕方6時過ぎまで夫は帰って来なかった。
あのラインを見てから、年賀状の確認をしたかったのだが、見当を付けていた引き出しなど、気付かれないよう漁ってはみたもののそれらしき束は出て来なかった。
悶々としつつ、閃く。夫の散歩に付いて行かず、家でゴロゴロしている子に目を付けた。


「ねえ。ママの年賀状の当選番号調べて。」


実際、自分で調べて、既にすべてハズレなのは分かっていたのだけれど、あたかも今思い出した風に言う。枚数の無い年賀状だが、それでも子は楽しそうに当選番号とハガキを照らし合わす。 すぐに終わってしまい、子の分も終わり、物足りなくなったのか、


「パパのは?」


と聞いて来た。思惑通りだ。


「パパが帰ってきたら、聞いてみたら。」


「うん!」


ケチで口煩く細かい夫。もし、それに加えて色恋沙汰があったのなら、私はどうするだろう?
自分がどうなるのか見てみたいような見たくないような、薄暗い不思議な感覚を抱えていた。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR