にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

雪の朝






スポンサーリンク




今朝も、窓を開けると一面真っ白雪景色。
いつもより早く出勤する夫を見送り、子を見送り、ほっと一息ついている。
雪は午前中には止むそうだ。仕事をしている人々には悪いが、残念なのが正直なところ。しかし、それを見透かされたのか朝から夫にこう言われた。


「家にいられて、優雅なもんだな。」


その通りなのだから、何も言えない。


「こんな時くらい、車出して欲しいんだけどな。」


駅から家まで、まあまあ距離がある。団地内でも、お隣さんはご主人を車送迎しているのを度々見るし、小さな子がいる今朝のような日はどうか知らないが、それ以外でも天候の悪い時に妻に車で送られる男達を目にすると、夫も羨ましい気持ちが湧くのだろう。 それと同時に、使えない嫁ー私のことだが、その苛立ちの矛先は私に向けられるのだ。 それを証拠に、今朝弁当を作っている最中には何も言わなかった癖に、作り終えてバンダナで包みダイニングテーブルにそれを置くとすぐさま、


「あぁ、忘れてた。今日は弁当要らない。」


当て付けなのだろう。こんなこともあるので、自分の分の昼は作らないようにしている。夫が要らないと言った弁当は私の腹に入ると思えば、平静を保つことが出来るからだ。
大きなため息をつき、


「行ってくるわ。面倒くさ。」


そう言い残して家を後にする夫の背中は、雪よりも冷たく感じた。





スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR