にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

働かなくてはというプレッシャー

今日は、日中一人の間ずっとライター内職をしていた。
将来に不安をおぼえたからだ。
老後資金3000万。このままだと我が家は厳しいと夫は言う。毎週末新聞広告に入る求人広告のチラシをわざわざ広げ、


「これなんて、いいんじゃないか?」


仕事を再開しろと言わんばかり。


「OOが学校に行っている間に出来るぞ。まかないも出るし、朝9時から午後3時。」


夫が私にチラシを見せる。時給1100円。履歴書は不要。飲食系のホールかキッチンパートだ。
高校生からOKの仕事。仕事内容は自分に向いていそうもない。ホール担当となれば明るくテキパキしていないとならないし、キッチン担当だったら料理が上手くないとならないだろう。 それに、外で料理をして帰宅してまた料理と考えるだけでうんざりする。







スポンサーリンク



「ちょっとこれは・・」


難色を夫に示すと。


「贅沢言ってたら何にも出来ないぞ。皆、不満を持ちながらも子供の為に頑張ってるんだ。」


最もらしいことを言った。そして、何も言い返せない私がいた。その通りだからだ。
これから先、子に学費は掛かるだろうし、家の購入だってどうなるのか分からない。貯めて行くに越したことはない。
ただ、出来ることなら家で誰にも気兼ねなく稼げたらー・・虎の子を膨らますことを考え始めた。
投資信託とかどうだろう?ライター内職での案件でその手のものをいくつか受け、調べるうちに興味が出て来た。 もし、夫に内緒で資金を増やし、成果が出たところで夫に打ち明けたら、外で働けというプレッシャーも無くなるかもしれない。 結局、私は臆病なのだ。新しい環境を自分から切り開くことに億劫だ。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR