にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

手作りチョコ

夫が職場から貰ったチョコレートは、私達の目に触れないうちに跡形もなく無くなっているのが毎年のこと。
それが、今回は珍しくお裾分け。


「食っていいよ。」


夫の優しさかと一瞬喜んだのも束の間、それは見るからに手作り品だった。
百均にありそうな10枚入りの花柄のセロファンの中には、チョコのパウンドケーキの上にチョコペンやアラザンでデコったものが入っていた。
簡素なラッピングで、またその大きさもミニサイズだったことから、義理であることは明確。恐らく大量生産したのだと思われる。付箋に印鑑が押してあるのだ。
夫は神経質だ。人が作ったおにぎりを食べられない、そんなタイプ。実際、交際中に作ったおにぎりに一切手を付けられなかった苦い思い出もある。
さすがに結婚してからは、手料理を口にするようになったが、しかし今でもおにぎりはラップで握って作っている。




スポンサーリンク



私自身、手作り品にそこまで嫌悪感は無いけれど、それでも見ず知らずの人間が作ったものを口に入れるのは若干抵抗があった。
それに、正直言って見た目がいまいちだった。それでもそのまま捨ててしまうことは罪悪感。どんなものにせよ、これを作る為に時間を割いてくれたのだ。
しかし、職場の義理チョコに手作りを持ってくる人の気が知れない。100円のものでも買ったものの方が無難だと思ってしまう。
どうしても捨てることは出来ず、仕方なく半分に切り分けて、子と共におやつとして食べた。一口食べると、子は要らないと残してしまった。何故なら、中にはドライフルーツが入っていたからだ。私もあまり好きでは無い。
そして、ホットケーキミックスを使ったような馴染みのある独特な味。時間も経っており、ぱさぱさしている。
趣味嗜好も違うかもしれない人に、手作りを渡すこと。渡す方はリスクは考えないのだろうか?プロ級の腕前ならともかく、趣味レベルー穿って見れば節約志向で作った義理チョコなら、正直無くてもいいと思う。




スポンサーリンク





  • category:

  • 2018/02/18
copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR