にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

食器洗いの憂鬱

家事のモチベーションをどうやったら上げられるのだろう。
洗濯、掃除、料理に食器洗い。どれをとっても好きではない。しかし、私が一日寝込めば家の中は機能しなくなる。

家族が一日家にいる時、休日などは常に動いている気がしている。特に、食器洗いに至っては終わりが無いようで途方に暮れる。
夫は、コップに少し口をつけただけで、お代わりの際は新しいものを食器棚から出す。どんどんダイニングに溜まっていく夫使用済みのコップやマグを見ていると苛々する。
さっさとシンクに運び、洗うけれどまるでイタチごっこ。
一向に、ダイニングテーブルもシンクも綺麗に片付かないのだ。





スポンサーリンク



特に冬場は洗い物がきつい。指先はぱっくり割れでジンジン痛む。そこに水や泡が掛かると激痛が走る。絆創膏を貼っても、すぐに水分で剥がれてしまう。カサカサに荒れた手にハンドクリームを塗り込んでも、結局すぐに水仕事をするのだから意味も無い。
シンクにてんこもりになった食器ー、ソースや米粒がべったりついた茶碗や皿、納豆のべとべとをスポンジでこするのが嫌い。
特に納豆は、スポンジまで臭くなるし泡立たなくなるしなので、一番最後に洗うようにしている。
水きり籠もすぐに一杯になる。お陰で今日はコップを割ってしまった。それを見た夫が、


「雑だな。」


ため息をつく。
少しは手伝ってくれてもいいのにーと心の声が叫ぶ。
しかし、私は働く妻ではない。夫は外で働く代わりに妻は家の中のことをする。それが、我が家の暗黙のルール。

子も、夫を見ているせいか神経質。少し使っただけのコップでも二度目は使いたがらない。
勿論、飲んですぐにお代わりーという場合はそのままそれを使うけれど、少しテーブルに置いて時間が経ったものはシンクの中に入れてしまう。まだ、シンクまで運んでくれるだけ夫よりましなのだけれど。
平日は殆ど家族団らんの無い我が家だが、休日のように一家揃ってテーブルを囲むことがあると、食事をして一息ーが私にだけ無い。出されたものをたらふく食べたら、ソファーに寝そべりテレビやゲームをしながらまったりとする夫と子。 それを尻目に、私は山盛りの汚れた食器と向き合わなければならないのだ。
10年前は苦では無かったこの作業が、40を越えてただただ辛い。




スポンサーリンク

trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR