にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ゲレンデのピエロ⑤

スイスイ滑る夫や義家族やらを横目に、私はすっかりくたびれやる気を無くしていた。
子に何度も誘われたリフトでさえ、結局最後まで乗ることが出来なかった。


「レンタル代、勿体無かったな。明日は滑らなくていいから。」


ため息交じりに夫に言われ、何も言い返せなかった。しかし、明日はもう滑らなくていいのかと思うと、途端に解放感に包まれた。
夕飯は、ホテルバイキング。これも正直憂鬱だった。大テーブルを義家族らと囲む。義姉達は、やはり真っ先に私のことをネタにして酒を飲む。


「OOさんのスキー、マジうけた!」


末の義姉が腹を抱えて笑う。私もヘラヘラする。内心、怒りと悔しさと情けなさで一杯だった。それを隠すかのように、ビールジョッキをグイグイ開けた。




スポンサーリンク





「今日、飲むね。」


次女が私を横目で見ながらチェックを入れる。しかし、もうそんなことまで気にしてはいられない。まさに、浴びる程飲んだ。久しぶりの飲みっぷりだったと思う。
ビールジョッキ3杯にワイングラスを5杯くらいだろうか?突然ぐるぐる天井が回りだし、慌ててトイレへ向かう。
一気に、吐いた。何度も吐いた。ワインで真っ赤に染まった便器を目にし、また吐き気が襲う。

愛嬌のある嫁なら、義姉達の突っ込みや笑いも、逆においしいネタに変えてしまえるのだろう。自分をネタにして笑いに変えることも出来ない、ドンくさくて不器用な嫁。
愛される人間と愛されない人間の違いを知りながらも、私のちっぽけなプライドがあちら側に行くことを許さないのだ。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR