にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

サボり癖

立て続けに、子絡みの集まりをスルーしてしまった。
一つは、子ども会。新役員が決定したことに加え、最後の行事の打ち合わせ。先日、素敵ママに向かって感じの悪い言葉を向けてしまったことを後悔する。
あれから彼女とは接触が無い。会ったとして、どんな顔をしたらよいのか分からない。珍しく、感情が先に立ってしまったのだ。
もう一つは任意だが、学校で定期的に行われる行事の参観と茶話会。茶話会はさておき、参観にいたっては子に指摘された。しかも、間の悪いことに、夫がいる前で。


「皆のママ、来てたよ。何で来なかったの!?」


「あんた、参観日行かなかったの?何してたの、一体!?」


二人から攻撃を受ける。夫が私のことを「あんた」と呼ぶ時は、黄色信号。


「ちょっと・・体調が悪くて。」


「この間の授業も観に来てくれなかったよ。」




スポンサーリンク





「仕事してるわけでもないのに・・一体、何してるの?あんた。それって、母親業放棄してるってことだろ。」


何も言い返せなかった。実際、その通りだからだ。体調が悪いわけでもない、億劫だったのだ。
任意の参観は、ほぼ群れている母親らばかり。来ない母親は、仕事だったり他に兄弟がおりそちらの予定を優先させていたり。
子の姿を見に行くだけーそう言い聞かせても、当日になると途端に気持ちが沈み、心も足も重くなるのだ。そして、自分に甘くなる。
ボランティアも子ども会も何もかも、一度サボると、あれ程あった罪悪感は薄れて次第に麻痺して来るのだと思う。
しかし、夫と子に責め立てられ、目が覚める。私は、主婦であり母なのだ。これでは、ニートではないか。


「ごめんなさい・・ごめんね。」


二人に頭を下げた。気まずい沈黙。子は許してくれたが夫はまだ腹を立てているようだ。目も合わせてくれなくなった。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR