にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

プライスレス

朝から空が暗いとほっとする。冷たい雨が降っているのなら、尚更。
どんよりとした外の空気を横目に、ミシンを取り出す。先日、子に新しい体操服入れを作ろうとした矢先に、ミシン糸が切れた為、取り掛かるのが遅くなった。
取り敢えず、応急措置にと端切れを手縫いしてやり過ごしたが、子に格好悪いと大不評。なので、早く仕上げなければ。

真新しいミシン糸をセットする。それを目にして自分の空回りっぷりに呆れ果てる。なんと700円もしたのだ。糸だけで700円。
糸代にそれ程掛かると思っていなかったので躊躇したのだが、後ろに並んだ苛立つ行列とピリつく店員に臆し、泣く泣く千円札を差し出した。
帰り際、ファンシーショップでその手の袋を見付けた。よせばいいのに、値札をチェックすると、890円とあったことを思い出し、再び気持ちが萎える。
1000円以上に見える袋を作らなければ、元が取れない。
良く分からないプレッシャーを自身に掛ける。思い付いて、もう着なくなったビジュー付きのカットソーやレースの付いたチュニックを取り出し、取り外す。
これらをデコレーションしたら、1000円以上に見えるはず。咄嗟の思い付きにほくそ笑む。






スポンサーリンク
しかし、慣れない作業には時間が掛かる。ロックミシンを掛け、裏返して袋を作る。両脇に糸通しを作る為にアイロンを充てて折り目を付けたりするのが恐ろしく面倒だ。
何とか1時間以上掛かり、ただの袋が出来上がった。ただ、レースを付けるのは、袋にする前だったと気付いて愕然とする。あれこれデザインを考えるが、センスが悪く感じる。
ネットで、ハンドメイドのサイトを見ると、素敵なデザインばかり。それらを見ながら、なんとか巾着が出来上がった。
子が帰宅し、それを見せると、


「可愛い!どこで買ったの!?」


「ママが作ったんだよ。」


「え!すごい!!」


子供だからか、粗に気付かないのだろう。最高の褒め言葉をくれた。頑張った甲斐があった。
決して安上がりにはならなかったけれど、手間と愛情という価格はプライスレス。心の底から作って良かったと思えた。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR