にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

嬉しいマル

昨日は、終業式。
4年生も終わりを迎え、通知表を貰って来た子。
おずおずと差し出すそれの中で、一番気になるのは、生活面だ。
成績も、勿論重要事項だけれど、子が学校という小さな社会の中でどのような立場におり、そして自分をどれ程発揮出来ているのかが気になる。
そして、担任の言葉も。

最後まで、担任はどんな人間なのか知らずに終わったこの一年。
それも、私が学校ボランティアなどに進んで参加している訳でもなければ懇談会をさぼったりと、学校と深く関わらなかったから。
向こうからしても、どんな親なのか知らずに終わっただろう。




スポンサーリンク





生活面では、〇が付いている項目がひとつ。「勤労・奉仕」という項目だった。何をもってその項目に〇が付いたのか分からなかったけれど、素直に嬉しかった。
真面目に学校生活を送っていて、ボランティア活動のようなことにも熱心ということだろうか。
その後に続く担任の言葉を読むと、それが明らかになった。
決して目立たないけれど、例えばクラスメイトが給食帽やマスクを忘れれば、率先して当番を引き受けたり、また掃除についても休みが出れば、その子の分を引き受けたり。
授業中の発言は殆どしない我が子だけれど、そういったことは、積極的に手を挙げ自ら行っている様子が目に浮かんだ。
最近では、子に学校の出来事を聞いても、反抗期なのかあまり話したがらず見えてこなかったけれど、通知表を読んで、少しは垣間見ることが出来た。

4年生、お疲れ様を込めてー、晩御飯は、子の大好きなチーズインハンバーグを作った。ポテトフライも付けて。
ジャンクだけれど、大好きなものをたくさん。奮発して、見切り品だけれど、デザートにいちごも付けた。
5年生も、自分の良さを発揮出来て、それを先生やクラスメイトが認めてくれたら、これ程嬉しいことはない。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR