にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

話術のプロ

やるべきことがあると、楽だ。指示待ちでだだっ広い部屋に放置されることに比べたら、忙しいくらいが丁度良い。
転校生ママと一緒に、手作りのガーランドを壁に貼る。共に作業をするうちに、なんとなく雑談も始まる。
折角、話し掛けて来てくれても、素敵ママの動向が気になり集中出来ない。

送る会では、いくつかのゲームや下級生から出し物をいくつか。手品だったり歌だったり。途中、宅配ピザでランチをしたら、皆でケーキ作り。
市販のスポンジと生クリームを使って、色々なお菓子でデコレーションするだけの簡単なもの。しかし、子供達は盛り上がっていた。

ランチは、何となく出来たママテーブルの端っこに座らせて貰った。そこでも隣は転校生ママ。私にやたらと話し掛けて来てくれる。まだ、私のことを知らないからだ。
私にママ友がなくいつも引き籠っていると知れば、すぐに離れて行くだろう。

素敵ママが、転校生ママの隣に座る。そして、彼女に話し掛ける。あぁ、やっぱりと思っていたら、


「OOちゃん、ピアノ習ってるよね。どこの教室だっけ?」


急に話し掛けられた。




スポンサーリンク





転校生ママの娘もピアノを習っていたが、こちらに越してからは、まだ教室が見付からないとのことだった。
ドキドキしながら、個人レッスンだということと住所を教えた。素敵ママの目を、やっと見れた。すぐに反らしてしまった。すべてを見透かされているようで、居心地が悪かった。
習い事の話になり、塾の話になり、進路の話。中学の部活だとか、その他色々な話題を次から次へと提供する素敵ママ。
そして、転校生ママだけではなく私に向かっても、臆することなくバンバン話し掛けてくれる。本当に、この人のコミュニケーション術の長けていることといったらない。
いつしか、表面上は元通りになっていた私達。いや、彼女の方は元通りも何も、はじめから何とも思っていなかったのかもしれない。気にしていたのは、私だけ。

会は滞りなく終了した。卒業生もそれを送る下級生も、最後の方はしんみりするどころか、ぎゃあぎゃあ騒いで煩かった。でも、仲が良い証拠だ。
まだ、駆け引きだとか社交辞令だとか、そういった面倒な付き合いなどなさそうな彼らが羨ましかった。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR