にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

まるで仕事

体がだるく、重い。
昨日も、役員仕事で学校へ。まるで、毎日出社しているかのように子と共に登校している。
イベント当日、備品を借りる為に、申請書を提出しなくてはならないのだが、それに不備があったことで今日もこれから学校だ。

昨日の役員会では、外部との打ち合わせでの申し送りを皆の前でしなくてはならず、朝から腹痛。トイレへ行ったり来たりで、以前の記憶がトラウマのように蘇る。
スネ夫ママは、相変わらず涼しい顔でノートPCの前に座り、隣のママと談笑しながらスタバコーヒーを飲んでいた。
一瞬、目が合い、意地悪く口の端が上がったような気がした。
発言では、頭が真っ白になってしまうので、予め、報告すべきことをメモしていた。
担当係ごとに、申し送りが始まる。柔らかママは、この日も出席していた。が、外部との打ち合わせは欠席だったので発言を免れた訳だ。
そして、まだ彼女から貸した金が戻って無いことを思い出し、苛々する。

私の前の申し送りが長く、しかも委員長があれこれ突っ込み、それに答え、まさに会社の会議のようでその高度な会話に付いていけずにいた。
こういうやり取りは、一匹ママが一番得意とするところだろうに、また仕事で出られませんーだ。その癖、会議資料なども始めから請け負ってくれたらいいのに、赤を入れて言いたいことを言うだけ。 彼女に対しても、苛々は募る。


「では、OOさん。」




スポンサーリンク





委員長に名指しされ、また腹が疼いた。腹痛の前触れだ。しかし、腹に力を入れてそれを逃す。
震える手でメモを持ちながら、しどろもどろになりながら、皆の前で申し送りをした。


「雨の場合の対応はどうなってます?」


「・・・」


「タイムスケジュールのこの部分、人数配置はどうなってます?」


「・・・」


「ボランティアさんのシフト、休みが出た場合の代替は?」


「・・・」


矢継ぎ早に質問され、どれも考えていなかったことなので、頭は真っ白。
スネ夫ママを始め、皆の白けた視線を受けながら、泣きたくなった。柔らかママは、私の方を見て見ないふり。
同じ係なのに、他人事だ。他の皆も、彼女がこの担当ということを忘れているかのようだった。


「改めて確認お願いします。分かり次第、グループラインで周知お願いします。」


委員長が締めくくった。
役員会が終わり、身も心もどっと疲れた。その流れで、ランチの話が出ていたが、聞こえない振りをしてそそくさとその場を立ち去った。
腹が空き過ぎて、自宅に何もないことを思い出し、スーパ―でおにぎりと安い菓子パン、それにコーヒーを購入し、近くの小さな公園に立ち寄った。
300円程使ってしまったが、疲れるランチに1000円出さなくて済んだのだから良しとした。
昼時ということもあり、公園は私のように昼飯を食べるスーツを着たサラリーマンが一人、それに犬の散歩をしている老人が一人。
腹が満たされると、ペットボトルのコーヒー片手に、秋風を楽しむ余裕が戻って来た。


ーなんとかなる、イベントさえ終わればー


太陽の光は、こんな私にもセロトニンを与えてくれ、多少は前向きさを引き出してくれるのだ。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR