にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

通信費

「先月、なんでこんなに通信費掛かってるの?」


突然、夫から指摘され、あたふたする。
夫のスマホ画面を見せられ、その通信費の高さにぎょっとする。
引き落とし口座は、基本、夫の管理。私はやりくり費だけ渡され、なんとかその中で頑張っていたので、想定外の指摘に自分の詰めの甘さを実感した。
そして、思い出す。PTAでのやりとりに電話を使ったことを。
確か、委員長と資料作成のやり取りだとかで、ラインでは意思疎通が出来ない時に、こちらから何度か電話を掛けた。
ラインはPCからしか出来ないので、家の電話から彼女の携帯に掛けたのだ。それでも、ここまで費用が嵩んだことに驚きを隠せずにいた。 しかし、すぐに夫からの疑惑を晴らそうと、そのことを伝える。


「あのさ、こういう費用って、学校側から貰えないわけ?」


通信費として幾らか学校から出るとしても、1000円も貰えないだろう。PTA仕事は、ボランティアだ。夫は、学校関係にはノータッチの癖に、こういう時だけ干渉する。




スポンサーリンク





「そんな金掛かるなら、役員なんて受けないもん勝ちだな。無駄に金と時間払って、ランチだなんだくっちゃべって、お気楽なもんだよ。」


ーはぁ?


夫の言い草に、ムカッとする。


ー仕事してれば偉いわけ?じゃあ、私がもしいなかったら、あなたは子供の為の無償仕事を、他の誰かに丸投げして、涼しい顔してるってわけ?子供一人につき一役ー、やらなくてはならない無言の重圧に耐えられる!?


「もう少し頭使えよ。」


そう言い捨てて、自室に引き上げて行く背中に、台布巾を投げ付けてやりたい気分だった。
まだ私が、PTA仕事を楽しく遣り甲斐を持ち、和気藹々とこなせていたら我慢出来る言葉だが、実際は、度々気付け薬を服薬したり、酒を飲んだりしてだましだまし頑張っている。また頻繁に腹を下しつつも、這ってでも出席していること、サボりたいが、性格的にそれが出来ず、無理矢理自分を偽って参加しているのだ。 それを、夫から軽んじられたことに、心底腹が立った。
半分は過ぎた、PTA仕事。早く、この責務から逃れたい。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR