にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

映えチョコ

今年のバレンタインの義実家分は配送済み。一仕事終え、ほっとする。
数粒入ってるだけで5千円もするチョコレート。
一体、どんな味がするのだろう?食べてみたい気もするが、ショーケースから見える宝石のようなそれに想像力を膨らますのも悪くない。
子は、友チョコ作りをするのだと言って、百均であれこれ材料を小遣いから買っていた。しかし、今時の小学生も付き合いが大変だと思う。
私が子供の頃は、好きな男の子がいたら作るか買うかで、後は家族に渡すくらい。
また、父親が職場から貰って来た、普段では口に出来ないお高めのチョコレートを頂ける、心弾む日だった。
子は、楽しんでいるのだろうか?ため息を付きながら、レジで支払いをする子の背中を見ると、義務?感に苛まれているようにも思う。
何気なく、聞いてみた。


「今年は、何人くらいに配るの?」


「分かんない。でも、貰ったら返さないとならないから多めに用意する。」


「それって、必ず手作りじゃないとダメなの?チョコの大袋を色々買って、適当に詰めたりとかー」


「そんなのあり得ない!皆、色々デコって映える感じにするって。そういうチョコじゃないと要らないからって!」


「誰かに言われたの!?」


一瞬、S奈ちゃんの大人びた横顔を思い出す。「映える」という言葉に今時女子を感じたからで、いかにも彼女が言いそうだったから。


子は、一瞬困惑したような表情をした後、小さく呟いた。


「別に。私が作りたいだけ。」




スポンサーリンク





これ以上追究しても、私達親子関係がぎくしゃくするばかりだ。だけれど、やりたくもないことをお付き合いの為にするだなんてーまだ小学生なのに、早過ぎる。 そんな付き合いは、もっと大人になってからでもいいのに。
誰が考えたんだろうー
友チョコー
それだけではない、行事商戦は年中ある。

つい先日は、恵方巻商戦。昔は関西方面だけで盛り上がっていたのだろうそれが、今や全国に広まり、作り過ぎて廃棄という悲しい現実。
ハロウィン、クリスマス、バレンタインにホワイトデー、ひなまつりに・・etc
商戦に踊らされるばかりの日本人。そしてどこかでそれを負担に感じている日本人。経済効果はあるだろうけれど、日本風情などあったものじゃない。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR