にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

修学旅行説明会

子の、修学旅行説明会があった。
場所は、定番の日光。

学年全体での説明会だったので、場所は体育館。だだっ広い館内にパイプ椅子がずらりと並べられていた。
卒対の集まりの日とかぶり、説明会は午後から。
ラインで、ボスママよりランチの提案。午前中の打ち合わせ後、ランチしてから皆で説明会に行きましょうと言い出した。
皆、「賛成」「OK」のラインが続々。
私は、予定があるからと嘘を付き、卒対は欠席することにした。
どうやったって、馴染めない集まりの中で、仕事以外の時間を使うことに抵抗があったからだ。それに、私なんていても居なくても変わらない。
孤高の人には申し訳ないけれど、当日の仕切りなのだし、まだ卒業まで日にちがある。それに、私以外にも、仕事を理由に欠席する人もいた。




スポンサーリンク





ただ、説明会には参加するので、極まりは悪かった。案の定、卒対関連のグループは、既にパイプ椅子の前方に席を陣取っており、ワイワイ賑やかに会話に花を咲かせていた。
彼女らの他にも、保護者はたくさん来ていたが、数人程度のグループがポツリポツリという感じ。
私は、地味目な二人組の隣に、ひっそりと腰を降ろした。彼女らとは面識が無いけれど、何となくどこかで顔を見たような気がする。
最高学年ともなると、関わりはないけれど、そういう人達が多々いるのだ。
軽く会釈をするが、特に彼女らと会話をすることは無い。そして、説明会は始まった。
配布されたプリントに沿って、準備するものー保険証だとかその他緊急連絡先等の説明。
宿泊先や当日の流れ。また、タイムスケジュールなどなど。まだ部屋割りなどは決まっていないらしいが、これから実行委員を決めて、子ども達中心に、旅行に向けての準備をするのだそうだ。

1時間弱の説明が終わり、場は解散となった。母親達の華やいだ声を背に、一目散に下駄箱に向かう。
正直、説明会なんて要らないのでは?と思う。プリントだけでいいのでは?と。
だが、最後の質問コーナーで、ボスママや孤高の人など数人があれこれ聞いていたのを見ると、個別の電話対応の方が学校側からしたら面倒なことなのかもしれない。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR