にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

服が無い

旧友とのランチに着て行く服を、クローゼットからあれこれ選び迷っていた。
学校関連や買い物の時は、無難な無地のカットソーにパンツルックが最近の定番。
ボーダーシャツは、以前は頻繁に着ていたが、誰かと被る率が高いこともあり手に取らなくなっていた。
一度、子ども会での打ち合わせでHさんとボーダーのカーキ色もジーパンも被った時、会長が私達のことを「双子みたい~ボーダー族だ!」と笑ったのだ。
その際、あからさまにHさんが嫌そうな顔をしたのを目にした時から、あんな気まずい思いをするのは二度と御免だと思った。
軽く冗談を言い合える仲間と服が被れば、かえって笑いに変換出来たり盛り上がったりするのだろう。
だが、微妙な相手と服のデザインが被れば、見て見ない振りをするだとか、私のように誰かがその気まずさを察知して、敢えて気を遣って茶々を入れたりするのだ。
どちらにしても、ただただ気まずい。

ボーダーアイテムは、こうして私のクローゼットでしばらく眠る羽目になった。
その代わりに、無地のカットソーの出番だ。カラーも、ネイビーやベージュ、それにカーキ。冒険をしたとしても、薄いブルー。
決して、赤だとかピンク、黄色なんて無理。
鏡の中の私は、年齢よりも+5歳は年上に見えた。何の変哲も無い服は、体型や髪型、それに雰囲気で一気にもさくなる。
素敵ママや孤高の人のように、姿勢もピシっとしており、スタイルも良く、そして垢抜けたメイクやヘアスタイルをしていれば、同じ服でも一気に映えるのだ。




スポンサーリンク





ほぼ毎日制服のように着用している普段着は、見るからに所帯染みており、しかも何度も洗濯を繰り返していることもあって、くたびれていた。襟ぐりがダランと伸びており、色あせている。
流行りのアースカラーには、程遠い。

以前、気に入って度々着ていたリネンの生成りのブラウスは、しばらくクローゼットから出していなかったこともあり、虫が食って穴が空いていた。
結局、一昨年に同窓会の為に購入した服を選ぶことにした。コーデもあのまま。
1,2年経てば、あの時は垢抜けていたデザインがどこか野暮ったく思える。しかし、贅沢を言っている場合ではない。
最近、将来のことを思うと、むやみやたらに自分の満足の為だけに金を遣う気分になれないのだ。

しかし、本当に自分に似合う服や色が分からなくなった。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR