にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

祭り本番

全身、筋肉痛。

夏祭りは、大成功だった。
当初、来ないと言っていた会長も、途中参加で助っ人に来てくれた。その他、お手伝いの保護者もずらりと来て、逆に人手がたくさん。
特に、新一年生の熱心な母親を率いるグループが、前のめり気味にあれこれ動いてくれたお陰もあり、祭りはスムーズに執り行われた。

自治会との連携も、Hさんが積極的に動いてくれたお陰でうまく行った。 私の仕事は、会長の代わりなんだーというプレッシャーは、いつの間にHさんがそのポジションについてくれたお陰で、薄らいだ。
恐らく、私に任せておけなかったのだろう。例えば、子どもが母親のお手伝いをして余計に時間が掛かるのなら、自分でやってしまった方が早く済むーそんな具合に。




スポンサーリンク





私のちっぽけなプライドなど、無意味だ。どうせ出来っこない。人には、向き不向きがある。ならば、私の「向き」って何だろう?と問われれば、答えに詰まってしまうのだけれど。
力仕事を頑張るしかなかった。
早朝から、屋台のテント組み立ての手伝いを黙々と行った。自治会だけでするというものだったが、例年、子ども会の役員の夫など、男手を必要とするもの。
皆、旦那が仕事だとか子供を見ているからという理由で無理だったし、私の夫は休みだというのにハナから手伝う気もない。ならばーと私が行うことになった。
ラジオ体操の件もそうだけれど、黙々と出来る、「間」のない作業が私には向いているのだろう。
人々を取りまとめたり、また引っ張っていくことなど無理なのだ。

集会所の冷蔵庫の中と、いくつものアイスボックスの中にあるジュースやアイスを運ぶ作業。神輿周りで疲れた子供達にそれを配布する作業などは、積極的に行った。
柄にもなく、大声が出た。


「アイスですよー!冷たい飲み物も、好きな物をお取り下さーい!!」


「OOさん、そんな声出るんだね。」


Hさんが、少し驚きながらも笑いながら声を掛けてくれた。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR