にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

Stagnation

ピアノの発表会のプログラムが配布された。
子は、全然練習しなくなってしまった。だからこそのレベルの曲。
だいたい、年齢順にプログラムが組まれており、幼稚園ー小学生ー中学生ー高校生・大学生や大人と続くのだけれど、レベルで考えたら、この順番はアンバランスだ。
まだ幼稚園くらいの子が「エリーゼのために」を弾いているのに、子はまだその足元にも及ばないレベル。エリーゼの後に、例えばちょうちょうを聴くとしたら、なんとなくズッコケてしまう。
去年、入ったばかりだった子より一学年下の女の子。彼女の曲の難易度がだいぶ上がっており驚いた。
ネットで調べると、子の弾く曲は、いまだどっぷり「初級」。だが、その年下の子は、たった一年足らずで初級といっても中級寄りの初級に昇格していた。
去年の発表会では、まだレッスンを受けて半年くらいだからか、簡単そうな曲を弾いていたのだが、それでも上手かった。なんていうか、情緒があった。
例えば、同じエリーゼでも、譜面通り正しく引くエリーゼと、ストーリーが頭に浮かぶエリーゼ。彼女の場合、後者の弾き方だったのだ。
自分の曲にしているような。




スポンサーリンク





私も、すっかりピアノを弾かなくなってしまった。人生の趣味にするのだ!と意気込んで、ベートーベンの「喜びの歌」を弾いていたあの頃くらいから、急に熱が冷めた。
楽しくないのだ。面倒というか、自分を鼓舞してまでやる必要があるのか?誰に聞かせるわけでもないのに?と冷静なもう一人の自分が耳元で囁く。
趣味なんて、自己満足。それ以上でもそれ以下でもない。
分かっているが、鍵盤に興味が向かなくなってしまった。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR