にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

消えた欲望

朝、ゴミ捨てに行くとタイミング悪く、園バスママ集団がエントランスで談笑中。
子ども達はいなかったので、既にバスは出発した後らしかった。
その輪の中に、お隣さんもいたものだから、素通りする訳にもいかず、軽く会釈した。顔見知り程度ー、素敵ママ程の距離感でもない。


「おはようございまーす!」


蚊の鳴く様な声とは対照的に、溌剌とした挨拶で返すお隣さん。皆の視線が一気に私に集まるような気がして、顔がかぁーっと熱くなる。
そそくさとゴミを捨て、再度通り過ぎる際に会釈をし、エントランスを後にした。

自宅に戻ると、ここは私の城。家族も出払い、好き勝手に過ごすことが出来る。
皆が帰宅するまでに帳尻を合わせさえすれば、後は自由の身なのだ。
熱いコーヒーを体に流し込む。大量にカフェインを取り入れたはずなのに、何故か体は睡魔に引っ張られ、気を失うようにソファーに倒れ込んだ。

目を覚まし、気付けば11時を過ぎていた。部屋の中は取っ散らかっていたが、無性にチョコレートが食べたい。
買い置きのチョコレートがあるはずーと冷蔵庫を探すが、どこにもない。夫が食べてしまったのか?無いと分かると、更に欲望は膨らむ。 ーチョコが食べたい、食べたい、食べたい・・




スポンサーリンク





抑えきれない気持ち。今日は外出する予定はなかったけれど、チョコだけでもと思い、割高だが家から一番近いコンビニへ行くことに決めた。
ほぼすっぴんにマスク。部屋着のままに外に出る。エレベーターを降りると、甲高い笑い声。
まだ、園バスママ集団がいてぎょっとする。朝からいたのか!?信じられない。2時間以上も、何をそんなに盛り上がっているのか?家事は一体いつするのか?
だが、私だって家事などせずにうたた寝していたのだ。どちらが充実した時間を過ごしていたのかといえば、正直、同じ穴のむじなだ。
条件反射で再び閉まりかけたエレベーターの開閉ボタンを押し、乗り込む。彼女らが背を向けていたからだ。再び、彼女らの前を通り挨拶をすることが、嫌味に取られやしないかと思ったのだ。


ーまだ、話してるの?あんたたち、暇人ね。


私がそんな風に心の中で思っているのだろうとー、そう思われるのが怖かったのだ。


散らかった部屋に戻ると、すっかりチョコレートへの欲望は消えていた。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR