にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ほっと一息

酒井さんからようやく折り返しの電話があったのは、昨日の夕方。
下の子が熱を出して、病院に行っていたとのこと。そんな大変な時に、何度も催促の電話を掛けてしまったことを詫び、すぐに本題に入った。
手元のメモを見ながら、用件を伝えた。
予めメモを取っていたのは、普段話さない人と電話することだけでも緊張するのに、その内容もシリアスだからだ。お願いする立場としては、低姿勢で。
それに、気を遣い過ぎて伝えなければならないことを半分も伝えられなかったリ、また不必要なことを伝えてしまったりしそうで怖い。なので、メモを活用することにしたのだ。


①子ども会の役員決めの時期に入っています。今回は、クジで選出ではなく現役員からの推薦という流れになりました。適任者を数人出して、お願いする形を取っています。
②その中で、酒井さんの名前が挙がりました(実際挙げたのは私だが、それについては伏せる)。
③役員は、会長・副会長をはじめ、会計などの役がある。それぞれの役の仕事内容などを細かく伝える。
④一番忙しい時期などを伝える、また、暇な時期も。
⑤1年の流れをざっと伝える。各行事を簡単に。
⑥何か質問などありますか?


メモに沿って話したのが悪かったのか、自分でもまるでロボットが話しているような不自然な話し方になってしまった。電話の向こうで首をかしげていそうな酒井さんの姿が見える気がした。
一通り説明を終えると、酒井さんは副会長の仕事に興味を持ったようであれこれ聞いて来た。




スポンサーリンク





「OOさん、今年は副会長でしたよね。大変でしたか?」


この質問に、どう答えたら良いか狼狽えてしまった。副会長らしいことなど何もしていなかったからだ。いつの間に、Hさんが実質的には副会長になっている。
私は、ただ他メンバーが取りこぼした仕事というか雑務をこなしているだけ。しかし、つい見栄を張って本当のことを言い出せず、オブラートに包んだような答えをしてしまった。


「大変といえば大変でしたが・・それは私の力量が無かっただけで、むしろこんな私がなんとかやれたので、酒井さんならずっと上手くやれると思います。」


「ちょっと考えて、あと主人と相談してからまたお返事でもいいですか?」


「はい!!ありがとうございます!!」


好感触。受話器を置いてからすぐにラインを開き、皆に向けてメッセージを送った。


ーいい感じ!


ーお疲れ様!うまく行きそうだね!


ーなんとか決まるといいね!


メンバーから次々と送られてくる返信に、ようやく自分のすべきことをこなせた達成感。
後は、酒井さん次第。彼女から投げられるボールを受け取る準備は出来ている。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR